アルコ・ブリタニコ

アルコ・ブリタニコ (スペイン語: Arco Británico, 「イギリス人の門」の意) は、チリバルパライソのブラジル通りにある記念碑である。1910年、チリ独立100周年を記念して、イギリス人コミュニティから町に寄贈された。チリの建築家Alfredo Azancotが設計し、1911年に公開された[1][2]

アルコ・ブリタニコ

記念碑はイタリアから輸入された大理石で覆われ、その上にはイギリスのビクトリア調のライオンが腰を据えている。また、独立戦争に参加した4人のイギリス人(トマス・コクランベルナルド・オイギンスロバート・シンプソン英語版ジョージ・オブライアン)や、チリイギリスの国章が描かれている。

1968年には、エリザベス2世がチリへの公式訪問の際に凱旋門を訪れ、2009年にはチャールズ皇太子も訪問している。

出典編集

  1. ^ "Arco Británico", Ciudad Valparaíso. (スペイン語) Retrieved 19 January 2012.
  2. ^ "Arco Británico", Turismo Chile - Monumentos en Valparaíso. (スペイン語) Retrieved 19 January 2012.

座標: 南緯33度02分41秒 西経71度37分14秒 / 南緯33.04472度 西経71.62056度 / -33.04472; -71.62056