エリザベス2世

イギリスおよびイギリス連邦王国の女性君主

エリザベス2世Elizabeth II1926年4月21日[注釈 1] - )は、イギリスウィンザー朝第4代女王(在位: 1952年2月6日 - )、その他15か国の英連邦王国および王室属領海外領土君主イングランド国教会首長英語版。全名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー・ウィンザーElizabeth Alexandra Mary Windsor)。

エリザベス2世
Elizabeth II
イギリス女王
Queen Elizabeth II in March 2015.jpg
2015年撮影
在位 1952年2月6日 - 在位中
戴冠式 1953年6月2日
於、ウェストミンスター寺院
別号

全名 エリザベス・アレクサンドラ・メアリー・ウィンザー
Elizabeth Alexandra Mary Windsor
出生 (1926-04-21) 1926年4月21日(94歳)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドロンドンメイフェア
配偶者 エディンバラ公爵フィリップ
子女 チャールズ
アン
アンドルー
エドワード
家名 ウィンザー家
王朝 ウィンザー朝
王室歌 女王陛下万歳(イギリス国歌)
父親 ジョージ6世
母親 エリザベス・ボーズ=ライアン
宗教 キリスト教イングランド国教会
スコットランド国教会
テンプレートを表示
称号: 女王
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (Both Realms).svg
敬称 Her Majesty the Queen
陛下
イギリス王室
Badge of the House of Windsor.svg

エリザベス2世女王
エディンバラ公爵フィリップ王子(王配)


バッキンガム宮殿にて2011年に撮影。女王の佩用する勲章は、左からニュージーランド・メリット勲章女王功績勲章ニュージーランド勲章である。2012年に、在位50周年記念で公開され、公式写真の一枚となった

人物編集

1926年4月21日、父方の祖父ジョージ5世国王治世下のイギリス、ロンドンメイフェアで、ヨーク公アルバート王子とエリザベス妃の第1子・長女として誕生し、宮廷内で養育された。

1936年12月11日、父のアルバート王子が、彼の兄であるエドワード8世退位を受けて、ジョージ6世としてイギリス国王に即位すると、エリザベス王女は推定相続人王位継承権第1位)となった。また、第二次世界大戦中に英国女子国防軍に属して公務に携わるようになった。

1947年には、エディンバラ公爵フィリップと結婚。チャールズ(第1子/第1王子)、アン(第2子/第1王女)、アンドルー(第3子/第2王子)、エドワード(第4子/第3王子)の4人の子女(3男1女)を出産し儲ける。

1952年2月6日、父の国王ジョージ6世が崩御し、1701年王位継承法に基づき、25歳という若年にして「エリザベス2世(Elizabeth II)」としてイギリス女王(君主)に即位した。なお、夫のフィリップは共同君主・共同統治者ではなく、Prince Consort(いわゆる王配)の称号も持たない。1953年6月2日に執り行われた自分の戴冠式は史上初めてテレビ中継された。

1952年2月6日にイギリス女王(国王)に即位してイギリス連邦に加盟する独立国家たる7か国、すなわち、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)、カナダオーストラリアニュージーランド南アフリカ連邦パキスタンセイロン女王(国王)になる。連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は1956年から1992年までに独立あるいは共和制に移行したりしたため、少しずつ減少していった。

今日においては、上記の国々のうち、現在まで君主制が存続している4か国(英、加、豪、NZ)に加え、ジャマイカバルバドスバハマグレナダパプアニューギニアソロモン諸島ツバルセントルシアセントビンセント・グレナディーンベリーズアンティグア・バーブーダセントクリストファー・ネイビスの合計16か国それぞれが、エリザベス2世女王を君主としている。クック諸島など、上記の国と自由連合制をとる国や、王室属領でもエリザベス2世を元首としている。また、共和制国家を含むコモンウェルス・オブ・ネイションズ(英連邦)には、50か国以上が名を連ね、エリザベス2世はその元首(コモンウェルスの長英語版)として連帯の象徴である。

2011年のアイルランド共和国への公式訪問英語版や、ローマ教皇との間の相互訪問など、多くの歴史的な訪問および会見をこなしただけでなく、イギリスにおける権限委譲地方分権)やカナダ憲法におけるパトリエーション英語版のように、立憲君主制下での重大な憲法改正を自身の治世で目の当たりにしてきた。このほか、個人的な出来事としては、4人の子女(3男1女)の出産と結婚、および孫と曾孫の誕生、プリンス・オブ・ウェールズの叙任英語版立太子礼に相当)、そして自身の在位25周年記念式典英語版(1977年)、在位50周年記念式典英語版(2002年)、在位60周年記念式典英語版(2012年)、それぞれの祝事を経験した。

2007年、高祖母たるヴィクトリア女王を抜いて、イギリス史上最高齢の君主になった。

2015年1月23日にはサウジアラビア国王のアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズが90歳で崩御したことにより、88歳(当時)で存命する在位中の君主の中で世界最高齢になった[1]

2015年9月9日には、在位期間が63年と216日となり、ハノーヴァー朝第6代のヴィクトリア女王を抜いてイギリス史上最長在位の君主となった[2]

2016年4月21日に90歳の誕生日を迎えたが、公務への意欲は衰えず、積極的に取り組んでいる。彼女が2015年度に常時の住居であるバッキンガム宮殿ウィンザー城などの宮殿や居城で接遇した人数は、9万6000人に及ぶ。イギリスでは年度ごとの叙勲者には、女王(国王)が一人ひとりに勲章記章を手渡すことが慣例となっている。近年では長男のチャールズ王太子や孫の一人であるウィリアム王子もこれを担うようになってはいるが、それでも彼女がこなす公務は年間200件を越える[3]。また、医療福祉の充実、科学芸術の振興、教育歴史的文化財の保護、動物保護環境保全などの団体の会長や総裁を務めている。関係する団体は、イギリス本国だけではなく、カナダオーストラリアニュージーランドなど英連邦王国構成国をはじめ世界16か国にまたがり、2016年8月時点で648団体にのぼる[3]

2016年10月13日にはラーマ9世タイ王国国王)の崩御により、2020年4月21日現在(94歳)、存命の君主では世界第1位の長期在位君主となった。

来歴編集

生い立ち編集

 
1926年5月29日洗礼式代父母達との記念撮影
後列左から:コノート公アーサー、父方祖父ジョージ5世、父ヨーク公アルバート、母方祖父ストラスモア伯
前列左から:エルフィンストーン男爵夫人英語版、父方祖母メアリー王妃、母エリザベスに抱かれたエリザベス王女、母方祖母ストラスモア伯夫人英語版メアリー王女

国王ジョージ5世と王妃メアリーの次男ヨーク公アルバート王子(後の国王ジョージ6世)は、妹メアリー王女の結婚式で花嫁介添人英語版を務めたエリザベススコットランド貴族の第14代ストラスモア伯爵クロード・ボーズ=ライアンの末女)と、1923年4月26日にウェストミンスター寺院で結婚した。ヨーク公アルバートは、1925年に開催された大英帝国博覧会英語版の総裁を務め、この頃、妃エリザベスの懐妊が判明した[4]

翌1926年4月21日午前2時40分(BST)、ロンドン市内のメイフェア地区ブルートン・ロード17番地に所在する母方の祖父の家において、ヨーク公夫妻の間に、第一子・長女として生まれる。出産は帝王切開であった[要出典]

4月27日、ヨーク公夫妻は、母エリザベス妃、祖母メアリー王妃、そして1925年11月に崩御したばかりの曾祖母アレクサンドラ王妃から名を取って『エリザベス・アレクサンドラ・メアリー』と命名した[5][6]。家族からはリリベット(Lilibet)の愛称で呼ばれていた[7]。5月29日に、バッキンガム宮殿内のプライベート・チャペルで、ヨーク大主教英語版コズモ・ラング英語版によって洗礼が施された。

祖父ジョージ5世は、初の内孫であるエリザベスを溺愛しており、1929年に自身が大病を患った際も、「彼女が定期的に見舞いに訪れたことが、病気の回復を早めるのに一役買った」と言われている[8]

1930年、4歳の時に、妹マーガレットが誕生した。ヨーク公爵一家は、ウィンザー城近傍のロイヤル・ロッジ英語版で生活した。

当時は、「結婚(将来)が保証される上流階級の女子には、教育は不必要」という時代であった。しかし祖母メアリー王妃の方針により、姉妹揃って宮廷内で教育を施された[9][10]家庭教師マリオン・クロフォード英語版(愛称:クロフィ)は、当時23歳で、はじめ母エリザベス妃の姉ローズ英語版の婚家であるグランヴィル伯爵家に雇われる予定だったが、ヨーク公爵家に変更された[11]。クロフィは、エリザベスの結婚まで17年に渡って仕えた[11]

クロフィが後に記した伝記によれば、「エリザベス王女は、この頃からなどの動物好きで、規律正しく責任感の強い性格であった」とある[12]。また後に彼女の治世となって最初の首相となるウィンストン・チャーチルも、当時2歳だったエリザベス王女に接して「子供ながら、驚くほど威厳と沈思のある態度だった」と回想している[13]

出生時における正式な称号は、Her Royal Highness Princess Elizabeth of Yorkエリザベス・オブ・ヨーク王女殿下)であり、伯父の王太子エドワード、父のヨーク公アルバートに次いで、第3位の王位継承順位にあった。エリザベスの誕生は世間の関心を集めたが、当時は、まだ壮年かつ独身だった王太子のエドワードへの王位継承が期待されており、国王の次男の長女である彼女の即位を予想する者はいなかった[14]。しかし、放蕩な長男エドワード王子について、ジョージ5世は次第に次男アルバート王子とその娘エリザベスへの継承に期待するようになった[15]

祖父の崩御、伯父の退位編集

1936年1月20日にサンドリンガム・ハウスにおいて、祖父ジョージ5世が崩御した。エドワード王子が『エドワード8世』として即位する。

エリザベス王女も、妹マーガレット王女と共に正装安置されたジョージ5世の亡骸を見、その際、棺の傍らにいた父やおじ達の中でも、伯父エドワード8世の姿が印象に残ったことをクロフィに話した[16]

しかしエドワード8世は、イギリスと対立しつつあった枢軸国、とりわけナチス・ドイツに親近感があるような態度をとり、離婚経験を有するアメリカ人女性のウォリス・シンプソンとの結婚をほのめかした。エドワードとウォリスの関係は広く知られるものではなかったが、即位以来、エドワードはウォリスを伴ってヨーク公の元を訪問するようになった[17]。母エリザベスは、クロフィに王女たちを二人から遠ざけるよう指示した[18]

12月1日に、紳士協定が切れ、マスコミが一斉に国王とウォリスの関係を報じて世論が騒然となる中、スタンリー・ボールドウィン首相らが彼に退位を迫り、同月11日に退位する(この一件は「王冠を賭けた恋英語版」として知られる)[18]

クロフィから事情を聞いたエリザベス王女は泣き崩れ、伯父の無責任な言動によって10歳で推定相続人となった[18]1701年王位継承法により男子優先長子相続制であった[注釈 2]この時点で、もしもエリザベス王女に弟が存在していたならば、その弟が王太子即ち次期国王となるため、彼女は推定相続人として女王に即位することを逃していた[19]。なお、即位時点でジョージ6世は40歳、エリザベス王妃は36歳であった。

なお、君主の長女に与えられるプリンセス・ロイヤルの称号は、保有者である叔母のヘアウッド伯爵夫人メアリー王女が存命だったため、授けられなかった。

推定相続人としての歩み編集

父の即位を受けて、イギリス国王の長女(第1子)で王位継承権者第1位となったエリザベス王女は国王王妃夫妻となった両親と妹のマーガレット王女と一家とともにバッキンガム宮殿に移住し、Her Royal Highness Princess Elizabeth(エリザベス王女殿下)の称号を与えられた上で、王位の推定相続人となる[20]

ジョージ6世の戴冠式英語版は、もともとエドワード8世のために準備されていた日程通りの1937年5月12日に行われ、エリザベス王女とマーガレット王女は16世紀のアン王妃の墓の上に設えられた特別席から、メアリ王太后や叔母プリンセス・ロイヤルメアリー王女と共に参列した[21]

1938年にエリザベス王女は初めて舞踏会に出席し、娘の気品を誇りに思うジョージ6世の意向もあって、以降、園遊会をはじめとする公務にも出席するようになった[22]。1939年4月に13歳となり、市井の中学生と同年代になったエリザベス王女は、教育者のヘンリー・マーチン英語版からイギリス国制史を学び始めた。

1939年7月22日、国王一家がダートマス海軍兵学校を視察した際、急遽、接待役を務めた士官候補生ギリシャおよびデンマーク王子のフィリッポス(フィリップ)であった[23]。翌日の国王の昼食会に招かれた候補生の一人となり、さらには王室ヨットに手漕ぎボートで追随し、ジョージ6世から呆れられるほど最後まで見送って、エリザベス王女に強い印象を残した[24]。なお、これ以前にも1934年と1937年の二度にわたり面会している[25]

第二次世界大戦編集

 
1943年撮影(17歳頃)
 
1944年5月17日、D-デイ直後に、グレナディア連隊第5近衛機甲旅団)から儀仗礼を受ける(イングランド南東部ホヴ
 
1945年5月8日、バッキンガム宮殿のバルコニーに立つジョージ6世国王一家とチャーチル首相(左端が軍装のエリザベス王女)

1939年9月3日にイギリスがフランスと共にドイツに宣戦布告したことで第二次世界大戦西部戦線)が勃発し、1941年12月8日には極東において日本との戦争(太平洋戦争/大東亜戦争)も起き、欧州戦線におけるアメリカ合衆国の参戦も加わり、1945年8月15日の日本の降伏まで戦闘は継続した。

この間、しばしば首都ロンドン空襲ザ・ブリッツ」での攻撃対象となり、ロンドンに居住する多数の子供疎開していった。国王夫妻の子供であるエリザベスとマーガレット王女姉妹についても、「より安全なカナダへと疎開させること」が政府から提案された[注釈 3]ものの、母エリザベス王妃が「私の子供たちは私のもとを離れません。また、私は国王陛下のもとを離れません。そして、国王陛下はロンドンをお離れになりません」と述べて、これを拒否した[26]

結局、両姉妹は1939年のクリスマスまで、スコットランドバルモラル城で過ごすことになり、その後はノーフォークサンドリンガム御用邸に戦時住居として移転した[27]。さらに1940年2月から5月まで、ウィンザーのロイヤル・ロッジ英語版に滞在した後、ウィンザー城へ移り住み、以後ドイツ空軍による空襲の脅威が減少するまで5年近くを過ごすこととなった[28]

ウィンザー城滞在時には、軍用衣類向けのニット生地を生成する毛糸を調達していたクイーン・ウール・ファンド(Queen Wool Fund)を支援するために、クリスマスに家族や友人たちを招待して、王室職員の子女たちとともに、パントマイムを上演したこともあった。この滞在中の1940年10月13日、14歳のエリザベスはBBCラジオ放送を通じて初めて演説を行い[29]

「私たちの勇敢な陸海空の軍人の助けとなるために、私たちが出来ることはすべて試みていますし、私たちが共有する戦争の危険や悲しみに耐えようと努力しています。私たち一人一人が、終いには万事上手くいくことを確信しています。」
(We are trying to do all we can to help our gallant sailors, soldiers, and airmen, and we are trying, too, to bear our share of the danger and sadness of war. We know, every one of us, that in the end all will be well.)[29][30]

と述べた。

これ以後、次期王位継承者として少しずつ公務に携わるようになる。1942年に近衛歩兵第一連隊名誉連隊長となり、大戦中も国民と共に後方支援にあたった。1943年、16歳の時に、エリザベス王女は初めての単独での公務において、名誉連隊長としてグレナディアガーズを訪問した[31]。以降も各地への訪問および激励を重ねた。

戦中の1943年、フィリッポスと親しく会い又は文通を交わす間柄となった[32]

18歳の誕生日を迎えると、法律が改正されて、父王が公務を執行できない場合や国内に不在である場合(例えば、1944年7月のイタリア訪問時)に、彼女が5人のカウンセラー・オブ・ステート英語版のうちの1人として行動できるようになった[33]。さらに、フィリッポスの従兄にあたるギリシャ国王ゲオルギオス2世がジョージ6世に二人の結婚を促してくるようにもなった[32]

1945年2月には、イギリス陸軍英国女子国防軍に入隊し、名誉第二准大尉として、女性軍人として「エリザベス・ウインザー」の名および『230873』の認識番号において[34]軍用車両整備弾薬管理などに従事したほか、大型自動車免許を取得し、軍用トラックの運転なども行った[35][注釈 4]

それまでの女性王族は、イギリス軍などにおいて「肩書き」が与えられたとしても、名誉職としての地位に過ぎないというケースが慣例だったが、枢軸国によるイギリス本土への上陸の危機(バトル・オブ・ブリテン)という非常事態を受けて、次期イギリス女王になることがほぼ確定されていたエリザベス王女はその慣例を打ち破り、他の学生たちと同等の軍事訓練を受け、軍隊に従軍する初めてのケースとなった。

エリザベス王女は、王族である自身が一般の兵士とほぼ全く同等の待遇をされることを非常に喜び、これらの経験をもとに、「自分の子供たち(3男1女)も宮廷で教育させるより、一般国民の子女たちと同等の学校に通わせることを決意した」という。ヨーロッパでの第二次世界大戦が終結した、1945年5月8日ヨーロッパ戦勝記念日、V-Day)には、「ロンドンの街中で戦勝を祝福する一般市民の中に、妹と共に匿名で混じって、真夜中まで勝利の喜びを分かち合った」という。

次期王位継承者として編集

国民への宣誓編集

第二次世界大戦におけるイギリスの勝利後の1947年4月には、両親の国王夫妻に付き添って初めて外遊し、妹のマーガレット王女と一家4人で南アフリカ連邦(当時)を訪問した。外遊中、ケープタウンにて21歳の誕生日(4月21日)を迎えた際には、大英帝国全土[注釈 5]に向けたラジオ演説の中で、エリザベス王女は次のような誓いを交わした。

「私は、私の全生涯を、たとえそれが長かろうと短かろうと、あなた方と我々の全てが属するところの偉大な、威厳ある国家に捧げる決意であることを、あなた方の前に宣言いたします。」
(I declare before you all that my whole life whether it be long or short shall be devoted to your service and the service of our great imperial family to which we all belong.)[36][37]

結婚編集

 
1950年撮影、エディンバラ公夫妻

1947年7月9日、正式に海軍大尉であるフィリッポスとの婚約が発表されたが[38][23]、婚約に至るまでの経緯は決して順風満帆とは言えなかった。

二人は、共に高祖母がヴィクトリア英女王で、エリザベス王女の高祖父かつフィリッポスの曽祖父がデンマーク国王クリスチャン9世であることから、遠戚関係にあった。

しかし、フィリッポスはギリシアから亡命した現役のイギリス海軍士官であり、資産を所有していなかったこと、外国生まれであることのほか、フィリップの姉がナチスとの関係を持ったドイツ系貴族と結婚していた[39]。特に母エリザベス王妃が、ドイツ系の出自であることに反対し、英国内の高位貴族(又はその長子)と結婚することを望んでいた[32]。そもそも、1937年に海軍兵学校での接待役にフィリッポスを「ねじ込んだ」のが、彼の叔父ルイス・マウントバッテン卿であると考えられたことも、国王夫妻には不愉快に受け止められていた[32]

しかし、ついに南アフリカからの帰国後の7月8日に、ジョージ6世はエリザベスとフィリッポスの婚約を認めた。なお、これに先立つ同年2月にフィリッポスはイギリスに帰化した。帰化した際、イギリスにおける軍務を継続するために母の実家の家名である「マウントバッテン」(Mountbatten、「Battenberg」を英語に意訳したもの)を姓として選択し『フィリップ・マウントバッテン』となった。また彼はギリシア正教会からイングランド国教会への改宗を行い、さらに形だけとなっていたギリシャ王子及びデンマークの王子の地位を放棄することを宣言した。

結婚に先立つ11月11日、ジョージ6世はガーター勲章をエリザベスに授与し、「王女」としては近代史上初の受章となった[40]。将来の女王であるエリザベスの方が、フィリップよりも先にガーター勲章を受章するよう配慮がなされた[40]。フィリップには、結婚の前日に、英国各地の由緒ある地名を冠したエディンバラ公爵スコットランド)、メリオネス伯爵ウェールズ)とグリニッジ男爵イングランド)の称号が授けられた[41]とともに、ガーター勲章が授与された[40]

そして、同年11月20日ウェストミンスター寺院にて、フィリップと婚礼を挙げた。エリザベスは即位までの間「エディンバラ公爵夫人」が儀礼称号となった。

夫妻は世界中から2500個の結婚祝い品を受け取った[42]。第1次世界大戦後、ジョージ5世が王族女性の婚礼を華やかに行い国民と一体感を演出したことに倣い、エリザベス王女の花嫁衣装は戦後の世相を鑑み、全て配給品ので制作されることとなった[43]。戦後初の一大慶事であり、全国から配給券が贈られてきたが、配給権の譲渡が違法であることもあり、全て礼状を添えて送り返した[44]。エリザベス王女お気に入りのデザイナーノーマン・ハートネル英語版が制作したドレスの意匠には、ヨーク家を象徴する白薔薇の刺繍が用いられた[44]

戦後のイギリスにあっては、フィリップとドイツとの関係は受け入れ難く、ドイツの王侯家に嫁いだ姉たち[注釈 6]は婚礼に招待されなかった[45]。また、ウィンザー公(かつての国王エドワード8世)も招待されなかった[46]

結婚に際し、エリザベスの歳費はそれまでの5倍となる3万ポンドに増額され、自らの宮廷を持つこととなった[41]

エリザベスとフィリップ夫妻は結婚後の数ヶ月間を当時イギリス領だったマルタで過ごした。翌1948年11月14日に第一子・長男チャールズ王子を出産し、1950年8月15日には第二子・長女となるアン王女が誕生した。

父王の不例と王女の外遊編集

 
1951年10月31日撮影、トルーマン米大統領と

即位以来、吃音第二次世界大戦に直面し、ストレスの多かったジョージ6世の体調不良が、戦後顕著となっていった。

1948年5月、エリザベス王女は父王の名代として、初めて夫妻でパリを公式訪問し、「リリベットはパリを征服した」とまで言われるほどの大成功をおさめた[47]

1951年、ジョージ6世の肺がんが発覚し、極秘裏に手術が行われた[48]。同年10月には父王の名代としてカナダ及び米国を訪問し、ハリー・S・トルーマン大統領を魅了した[49]10月25日の総選挙により、チャーチルが首相に復帰した。

1952年1月31日、ジョージ6世は名代として英領ケニア植民地英語版(当時)経由でオセアニアに向かうエリザベス夫妻を、ヒースロー空港で見送った[50]。前例のない異例の見送りだったが、エリザベス王女にとって父との最後の対面となった。

父ジョージ6世国王の崩御、新女王の即位編集

 
1953年、戴冠時の女王夫妻

ケニアからの帰国編集

1952年2月6日未明、療養を兼ねて狩猟スポーツを楽しむ為に訪れていたサンドリンガム・ハウスで、就寝中に冠状動脈血栓症により、崩御(死去)した(56歳没)。1701年王位継承法(当時)に基づいてそれまでのエリザベス王女が王位を継承し、女王(イギリスの君主)に即位した。

ジョージ6世崩御の知らせは、ラジオニュースを聞いた秘書官マーティン・チャータリス英語版が知り、チャータリスの機転で、フィリップ付秘書官マイケル・パーカー英語版を介して、フィリップがエリザベスを庭に連れだして伝えた[51]。チャータリスが即位する王名を尋ねると、女王は「もちろんエリザベスです」と答えた[52]。ここにエリザベスは、「エリザベス2世女王陛下」(: Her Majesty the Queen Elizabeth II)となり、同名の母エリザベス王妃は「エリザベス王太后陛下」(: Her Majesty Queen Elizabeth The Queen Mother)となった。

新女王は、2月7日にはヒースロー空港に戻り、翌8日に即位後初の枢密顧問会議を招集し、即位を宣言した。

戴冠式編集

翌1953年6月2日には、世界各国の元首級の賓客らを招待してウェストミンスター寺院戴冠式英語版を行い、この模様はイギリス連邦内だけでなく世界各国に当時の最新メディアである白黒テレビにより中継され、英国におけるテレビ普及に大きな影響を与えた[53]。ただし、塗油の秘儀だけは放送されなかった[54]

ドレスは結婚式の時と同じくハートネルのデザインにより、薔薇(イングランド)、シッスル(スコットランド)、シャムロック(アイルランド)、リーキ(ウェールズ)の連合王国に加え、メープルカナダ)やゴールデンワトルオーストラリア)の英連邦各国の国花が金銀で刺繍された。

戴冠式には日本の皇室からも、昭和天皇の名代として皇太子明仁親王(当時)が参列した。

イギリスには、16世紀のエリザベス1世女王、19世紀のヴィクトリア女王に象徴される、「女王の時代は栄える」ジンクスがあり、例えば老臣チャーチルもヴィクトリア時代を回顧して高揚した気持ちになっていた[55]

治世編集

 
1957年10月撮影、女王一家

エリザベス2世派即位以来、60余年以上に亘ってイギリス女王の座にある。

家族編集

即位後、フィリップは『連合王国王子』(Prince of the United Kingdom)が与えられたが、いわゆる『王配』であるPrince Consortの称号はついに与えられなかった[56]。2017年8月3日を最後に公務を引退するまで、結婚以来60年間、エリザベスを支え続けたが、ヴィクトリア女王の夫アルバート”王配”と異なり、フィリップには政治介入する意思はなかった[56]

1960年2月19日、第三子・次男アンドルー王子を出産。1964年3月10日、第四子(末子)・三男エドワード王子を出産。しかし、即位前に誕生したチャールズ王子とアン王女を含め、多忙なエリザベス2世とフィリップ夫妻は親として向き合うことができず、これが1990年代に噴出した子女たちの不倫・離婚・再婚スキャンダルの遠因になったとされる[57]

1969年6月21日に女王一家を題材にしたBBCドキュメンタリーが放送されると、再放送も併せ英国民75%が視聴したほどの大反響となった[58]。放送と時期を同じくして、長男チャールズ王子の、ウェールズ大公叙任式(立太子に相当)が7月1日に行われた。

1977年11月15日、アン王女に初孫となる長男ピーター・フィリップスが誕生して祖母となり、2010年12月29日にはそのピーターに、自身の初曾孫にあたる長女サバンナ・フィリップスが誕生し、曾祖母となった。

即位初期編集

戴冠式を終えた女王は、1953年11月から翌1954年5月に帰国するまで、半年かけて『コモンウェルス』を巡幸し、即位後の顔見世であるとともに、各国の紐帯の象徴としての役割を果たそうとした[59]。帰国後の1954年に満80歳となったチャーチルは、翌春の引退を決意し、女王は公爵位を授けようとしたがチャーチルがこれを固辞した[60]

かねてから問題視されていたのが、王妹マーガレット王女の結婚問題だった。マーガレットは、父ジョージ6世の侍従武官ピーター・W・タウンゼント英語版大佐と恋仲で、エリザベス女王自身も妹に同情しタウンゼントにも親しみを感じていたが、十数年前の『王冠を賭けた恋』事件の記憶も残っており慎重に検討されていた[61]。しかし1953年の戴冠式直後に大衆紙にスクープされ、さらに1955年には王室婚姻法により25歳まで君主の許可なく結婚できなかったマーガレット王女が、25歳を迎えたことで問題が再燃した結果、アンソニー・イーデン内閣は、王女から王位継承権王族の特権(年金受給権)を剥奪することを決定し、マーガレットは同年10月30日に結婚を断念することを表明した[62]

スエズ危機と中東編集

1956年7月、エジプトのナセル大統領スエズ運河の国有化を宣言し、同地を長年にわたって支配してきた英仏両国はイスラエルと共に派兵を行った。エリザベス女王は、個人的には派兵に反対だったが、立憲君主制における立場をわきまえ、最終決定をイーデン首相に委ねたとされる[63]

エジプトの降伏を目前に、米ソを含む国際世論の激しい批判により、国連緊急総会により停戦が議決(総会決議997)されて11月6日に英仏が、8日にイスラエルが停戦に従った。その結果、英国はスエズでの権益を喪失しただけでなく、米国の欧州に対する優位性が明確になり、英国の威信は大きく傷つくこととなった(第二次中東戦争/スエズ危機)。敗戦の責任を受け、翌1957年1月8日と9日にイーデンは退任の意向を女王に表明し、その際に女王はイーデンから次期首相に関する意見を徴したとされる[64]

悪化した英米関係の回復のため、女王はジェームズタウン入植350年記念として、1957年10月17日に訪米してドワイト・D・アイゼンハワー米大統領と友好関係をアピールすると、女王帰国と入れ違いにハロルド・マクミラン首相が訪米した[65]

また、英国の威信低下を前に、イラン国王パフラヴィーは、ソ連がエジプトに接近する中で、反共産主義陣営の一角としての存在感を高めるようになった[66]。スエズ危機でも、イランはイギリスを一貫して支持しており、英外務省はパフラヴィー国王を国賓として招くことを企図した[67]1959年5月の訪英の際、国王はガーター勲章を強く希望していたが、ついに授与されず、代わりに王立空軍大将位を与えた[68]。エリザベス2世は1961年3月に、ヨーロッパ君主として史上初めてイランを答礼訪問した[69]

以降、パフラヴィーは傲慢になり、女王との関係が悪化した[69]。1970年には、イラン建国二千五百年祭典へのエリザベス2世の出席を強く望んだが、女王にその意思は無く、しかし英国の影響下にあったペルシャ湾岸諸国が相次いで独立した背景もあり、英外務省との妥協として、夫フィリップと長女アン王女を名代として派遣した[70]。この後、この豪華な式典も遠因となって、パフラヴィーはイラン革命により王座を追われた。

アフリカ編集

1960年に前後して、アフリカ諸国の多くが英仏白等の宗主国から独立していった。

1957年に独立したガーナは、女王を君主に戴く英連邦王国の一員であったが、1960年に独立した。1961年クワメ・エンクルマ大統領によるデモの弾圧に端を発し、政情及び治安が不安定だった。米国もまた同国に出資しようとしていたが、エンクルマは共産主義に傾きつつあった[71]。そのような中、エリザベス2世女王は11月にガーナを訪問して成功させ、マクミラン首相を感嘆させた[72]

1963年に独立したウガンダは、1971年に陸軍軍人のイディ・アミンがクーデターにより権力を掌握した。ヒース政権は、アミン政権を承認し、同年7月には訪英し女王からも歓待を受けたが、午餐会の席上でタンザニアへの侵攻意思を漏らした[73]。女王はヒューム外相と、旧知のタンザニア大統領ジュリウス・ニエレレにこの件を伝えた[74]。アミン大統領はこの後、1972年アジア人(主としてインド・パキスタン系)追放事件を生起させて、コモンウェルス首脳会議英語版(CHOGM)にも欠席するようになる等、禍根を残した。

経済・外交の行き詰まり編集

プロヒューモ事件により、1963年にマクミラン首相が退任する。後任は、女王の旧知の仲であるアレック・ダグラス=ヒューム(伯爵位を返上)だったが短命に終わる。1964年労働党が政権を奪還してハロルド・ウィルソンが首相に就任した。

しかし、1960年代を通して英国の国際競争力の低下は明らかであり、外交面では1960年欧州経済共同体(EEC)への参加を拒まれ、1967年には欧州諸共同体への参加を再び拒絶された。これは、自国の農産物輸出を不安視する、オーストラリアやニュージランドの強い反対があった[75]。経済面では1967年にポンドを切り下げるに至った。また、ベトナム戦争への参加要請を拒否したことから、英米関係は再び悪化した。このような中、1968年、ウィルソン首相は「スエズ以東」から軍を3年以内に撤退させることを表明し、大英帝国は名実ともに終わろうとしていた。

女王はウィルソン首相の決断を理解し、撤退後の1972年から東南アジア諸国を歴訪し、親善と理解の促進に務めた。

戦後の和解と来日編集

イタリア共和国からは1958年5月に女王の招きでジョヴァンニ・グロンキ大統領が訪英、1961年に女王がローマを答礼訪問して関係が回復した[76]ドイツ連邦共和国西独)からは1958年10月にテオドール・ホイス大統領が訪英したものの、英国民感情への配慮から答礼訪問は1965年となった[76]

日本とは、女王の従妹であるアレクサンドラ王女が訪日し、日本側は王女を国賓待遇で歓待した。これを機に日英の親善外交が活発化し、秩父宮妃勢津子の訪英による女王への大勲位菊花章頸飾同大綬章の贈呈、マーガレット王女の訪日が行われた[77]。英国経済が低迷する中、高度経済成長期にある日本との交流を深める必要性もあった。そして1971年5月、昭和天皇香淳皇后夫妻の訪英を含むヨーロッパ訪問に先立ち、ガーター騎士団の一員でありながら大戦中にその資格を剥奪された昭和天皇の旗(菊花紋章旗)が再び掲揚され、同年10月の訪英時に天皇はガーター勲章を、女王は大勲位菊花大綬章をそれぞれ佩用し和解を強く印象付けた。

1975年、旧交戦国最後の訪問地として1度のみ、フィリップ王配と夫妻で訪日している(5月7日-12日)。5月7日夜に昭和天皇主催の皇居での宮中晩餐会に出席し、8日にはNHK(日本放送協会)を訪問、大河ドラマ「元禄太平記」の収録を見学した。9日には都心でパレードをして東京都民の歓迎に応えた。女王はこの後、京都御所伊勢神宮[注釈 7]を訪問し、12日に離日した[79]。日本訪問の際、エリザべス2世は、昭和天皇から立憲君主のあり方について教示を受け、強い印象を受けたとされる[80]

コモンウェルスを巡って編集

従来、イギリスは広大な植民地を有していたが、米国の様な独立を避けるため、徐々に自治権を与えて「自治領」(Dominion)としていった。英帝国(British Empire)は、英連邦(British Commonwealth of Nations)となり、1931年12月11日ウェストミンスター憲章により英連邦体形に法的根拠が与えられて、各地域は実質的な独立国として、英国王に忠誠を誓う同君連合のように結びついた。

戦後は1947年8月15日にインドとパキスタンが独立しながらも、コモンウェルスへの残留を希望し、認められたため、イギリス連邦から同君連合の要件は排除され新たな「Commonwealth of Nations」となった。1949年4月26日ロンドン宣言英語版により、イギリスの国王/女王はコモンウェルスの元首であるが共同の価値観で結びつく平等な連合体の象徴に変容した。エリザベス2世女王の即位後も、先述の通り独立を果たす国々があり、女王を国家元首とする国々の総称である「英連邦王国」(Commonwealth realm)と、君主制・共和制を問わず加盟できる「英連邦」(Commonwealth of Nations)に区別される。

女王自身は、各国に平等に接し、また祖母メアリ王妃ゆかりのマールバラ・ハウス英語版を英連邦事務局として貸与している。コモンウェルスの首脳が集まる会議は、19世紀末以来たびたびロンドン開かれてきたが、英国のスエズ以東撤退後は、コモンウェルス首脳会議英語版(CHOGM)として各国の輪番となった。1971年、その第1回であるシンガポールでの会議には、EC加盟に執念を燃やすエドワード・ヒース首相の強い反対により、女王が折れて欠席した[81]。1973年に、英国はECに加盟を果たし、女王は各国へのお礼として、同年にはオランダ王国、ルクセンブルク大公国、そして西独の三組の国賓をロンドンで歓待した[82]。また、5月には夫君エディンバラ公だけでなくチャールズ王太子をも同伴し訪仏した際には、かつてのエドワード8世であるウィンザー公夫妻を訪問した。伯父エドワードは、エリザベス2世の訪問から10日後に逝去した[83]

ヒースや世論の関心がヨーロッパに集まった1973年であったが、女王は恒例のクリスマスメッセージで、コモンウェルスとの紐帯の重要性を強調した[84]

在位25周年編集

1977年の在位25周年を迎えると、女王は国内およびコモンウェルス各地を巡幸した。6月6日に全国でかがり火がたかれ、翌6月7日に記念礼拝が行われた。

また、一連の式典に先立つ5月に行われた女王演説では、権限移譲(devolution)を求める世論を念頭に、連合王国が一体であることを明確に呼びかけた。しかし、1979年8月27日IRA暫定派によりルイス・マウントバッテン卿が暗殺された。マウントバッテン卿は王室への影響力を持とうとして女王やエリザベス王太后との関係が悪化していた[85]。一方、チャールズ王太子の祖父代わりであった面もあり、暗殺事件に際してチャールズは人目をはばからず涙を流した[86]

落胆するチャールズは、マウントバッテン卿の件で意気投合したダイアナ(第8代スペンサー伯爵エドワードの三女)と短い交際期間の後、1981年2月に婚約を発表した[87]。女王も、かつて侍従だったスペンサー伯爵の令嬢であり、不満はなかった[88]。二人は同年7月29日セント・ポール大聖堂婚礼英語版を挙げた。

バチカンとの友好編集

1980年10月17日にはバチカン市国を公式訪問、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世と会談、「1982年に計画しているイギリス訪問を歓迎する」と述べた。イギリスの元首にしてイギリス国教会の最高権威がローマ教皇を公式訪問したのは、1534年にヘンリー8世がイギリス国教会を作って以来これが初めてであり、これが1982年5月28日のヨハネ・パウロ2世のイギリス訪問とローマ・カトリックとイギリス国教会との和解への布石となる(ただし、1960年にカンタベリー大主教がバチカンを訪問したことはある)[89]

フォークランド紛争と南アフリカ問題編集

スエズ以東からの撤退以後、南米のフォークランド諸島(マルビナス諸島)の防衛は英国に取って負担になっており、1979年に就任したマーガレット・サッチャー首相下でリース案まで検討されていた。これを好機と見、またアルゼンチン国内における政治的必要性から、レオポルド・ガルチェリ大統領は1982年3月にフォークランド諸島進攻を開始した。サッチャー首相は毅然たる態度を取り、女王はこれを支持するとともに第二王子のヨーク公アンドルー王子がヘリコプター操縦手として出征した。

6月14日に英国の勝利で紛争は終結し、また同月21日にはチャールズ王太子夫妻に長男ウィリアム王子(後のケンブリッジ公爵)が誕生し、英国は慶事に沸いた。

しかし、サッチャー首相は南アフリカ問題を通じ、経済制裁やコモンウェルスとしてのあり方について女王と意見を異にしていた。1986年7月、女王と首相の確執について報じられたことに端を発し、経済制裁に消極的な首相[注釈 8]及び政策への批判から、エディンバラでの1986年コモンウェルスゲームズにはボイコットが相次ぐ事態となった[91]

女王は国内のみならず国際社会でも公平な立場にあるはずが、アパルトヘイト廃止やネルソン・マンデラの釈放を巡っては、カナダ首相ブライアン・マルルーニーや豪首相ボブ・ホークの活動を通じて、ECによる南アフリカへの経済制裁を容認させようとしていたとされる[92]。1990年にマンデラは釈放され、アフリカ民族会議の議長に就任した。1991年に開催されたCHOGMには、オブザーバーとしてマンデラも参加することとなっていたが、誤って晩餐会の式場にも来たところ、女王が参加を認め和やかな歓談が行われた[93]。マンデラは1994年に同国大統領に就任し、南アフリカ共和国はコモンウェルスにも復帰した[94]

英米関係とグレナダ侵攻編集

 
1982年6月8日、レーガン米大統領と女王

先述のフォークランド紛争の終結目前の1982年6月上旬、G7ヴェルサイユ・サミットの帰路にロナルド・レーガン米大統領が訪英した際、ウィンザー城で女王と大統領が乗馬する様子が大々的に報じられ、英米両国の結束を示すかのようであった[95]。女王は翌1983年2月に、レーガンの地盤である米カリフォルニア州を含む米西海岸を答礼訪問した[95]

ところが、1983年10月13日英連邦王国のひとつでエリザベス2世自身が国家元首(グレナダ女王)のグレナダクーデター勃発に端を発し、10月25日に米国が介入するに至った(グレナダ侵攻)。米国は、イギリスにも、そして元首である女王にも連絡なしに介入を行った[96]。サッチャー首相は米軍介入に反対の立場だったが、結局は米国を支持せざるを得ず、女王とともに屈辱を感じた[96]

王室の危機を超えて編集

 
ブリタニア号英語版最後の航海

1992年は、アン王女の離婚と再婚、アンドルー王子夫妻の別居、暴露本『ダイアナ妃の真実』の出版、結婚記念日に起きたウィンザー城の火災や、ポンド危機など、女王に取って公私ともに不運続きだったため、ロンドン市長主催の晩餐会で「アナス・ホリビリス」の発言をした。さらに演説後の12月にチャールズ王太子とダイアナ妃が別居を決めてしまう。王太子夫妻は、1996年に離婚した。

1997年8月31日、嫁であったダイアナ元王太子妃がフランスのパリで交通事故により36歳で死去した際(英語版)、姑であった女王自身の意思の下で沈黙を続けたことが、王室の冷ややかな対応として批判を浴びることとなった。同年9月5日にテレビ放送を通じて哀悼のメッセージを送り、長男チャールズ王太子との離婚以降、英王室から敬遠されていたダイアナ元王太子妃の名誉回復を行い、王室の信頼回復に努めた。

また、同年6月30日、香港返還式典が行われ、チャールズ王太子が女王の名代として香港へ赴く際に使用したのを最後に、王室ヨットブリタニア号英語版が退役し、12月の退役式典でエリザベス2世は人前で涙を流した[97]

自身の在位半世紀を迎えた2002年には、2月9日の妹マーガレットの逝去(71歳没)、3月30日の母エリザベス王太后の崩御(101歳没)と、同一年に肉親との死別が2回も続いた。

ダイアナのみが慈善活動をしていたかのような国民のイメージは誤解であり、チャールズ王太子が海軍の退職金を基に創設した「王太子財団英語版」はその活動を2003年に広報したところ、大きな反響を受け、王室構成員の長年にわたる様々な慈善・福祉活動が広く知られるようになった[98]。こうした甲斐あって、チャールズは長年の恋人であったカミラと、強固な反対活動にも見舞われず再婚を果たした[99]

また、王室の歳費についても、王室の収入が一度国家予算に組み込まれていたことから、「税金で養っている」という誤解が生じていた。2011年に王室歳費法英語版が成立し、王室予算の独立性・透明性・健全性の向上を図った[100]

ブレア首相の改革とオーストラリア国民投票編集

王室が大きな危機と変革の時を迎える1997年、20世紀で最も若い首相[注釈 9]として労働党のトニー・ブレアが就任した。ブレアの急進的な改革は、女王に大きな衝撃を与えた。

ブレアは前々首相のサッチャー時代に推進された中央集権体制を覆し、再び権限移譲を推進した[101]。就任早々1997年9月に、スコットランド及びウェールズで立法権の付与と議会の設置が決定した[101]。翌1998年4月のベルファスト合意(聖金曜日の合意)により、北アイルランド問題の解決へ大きく進展するとともに、北アイルランドにも立法権付与と議会設置が行われることになった[101]

そして1999年には、貴族院改革として、世襲貴族の議席を全廃する案を提示した[102]。最終的には、世襲貴族が92議席に大幅に限定され、1958年一代貴族法による一代貴族たちの比率が上昇することとなった[102]

20世紀を通じ、段階的に自治権や主権を拡大し、また白豪主義廃止以降はアジア系移民が増加してきたオーストラリアでは、2000年シドニーオリンピックを控えた1999年11月に共和制導入を問う国民投票が行われたものの、否決された。ただし、これは複数の共和制の案の悪いものであったためで、世論調査からも、共和制移行そのものが否定されたわけではなかった[103]。女王は翌2000年3月に同地を訪問し、国民投票の結果を尊重するとして女王としての責務を果たすことを表明した[104]。この後、女王は十数回にわたり、オーストラリアを訪問することとなる[105]

2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件を機に、米国は対テロ戦争アフガニスタン紛争イラク戦争)へ進み、ブレア政権もこれに追従した。特にイラク戦争に際して、ジョージ・W・ブッシュ米大統領は、2002年1月の一般教書演説で「悪の枢軸」と名指しし、イラクが大量破壊兵器を保有していることを2003年3月20日開戦の根拠に掲げていたにも関わらず該当する兵器はついに発見されなかった。独仏等の欧州各国が米国を批判し対米関係が決裂する中、唯一英国のみが米国を支持した[106]

世界中から批判を受けたブッシュ米大統領は、ブレア首相の要請により、2003年11月に米大統領として第二次世界大戦後初の国賓として英国を訪問することとなった[107]。エリザベス2世は即位後3回、国賓として訪米しており、戦後の英米関係が対等ではないことを象徴していた[107]。ブッシュ米大統領の訪英は成功し、翌年の大統領選挙で再選を果たすと、2007年に訪米した女王を出迎えた[108]

2010年7月6日、エリザベス2世は国連総会で、53年ぶり2回目の演説を行い、国際外交の生き証人として尊敬を集めた[109]

アイルランドとの和解と在位60周年編集

 
2011年4月、女王の命によりアイルランド近衛連隊長の制服を婚礼で着用したウィリアム王子
 
2012年6月、在位60周年記念式典で国民の歓呼に応える王族たち

2011年4月29日、孫で王位継承順位第2位のウィリアム王子が、学生時代から交際していたキャサリン・ミドルトンと結婚した。キャサリン(愛称:ケイト)は、資産家令嬢であるものの平民であったが、女王はその人柄と、何より長年交際していたことから、子供たちのように結婚生活が破綻しないだろうと安心していた[110]

女王は結婚に先立ち、ウィリアムをアイルランド近衛連隊長に任命しており、二人の婚礼で、ウィリアムは女王の命によりアイルランド近衛連隊の制服を着用していた[111]。同日、女王はウィリアムをケンブリッジ公爵に叙爵した。

そして同年5月17日、1911年の祖父ジョージ5世による訪問以来、ちょうど100年ぶりにイギリスの君主としてアイルランド共和国を公式訪問している[112]。1911年当時はイギリスの植民地グレートブリテン及びアイルランド連合王国の一部)であったため、独立後としては初の訪問である。

1998年のベルファスト合意後の国民投票により、アイルランド共和国の北アイルランド領有放棄等が行われ、北アイルランド問題は一応の解決を見ていた。そこで、女王が祖父ジョージ5世の訪愛100周年を記念して、同地を訪問することで両国の和解と友好を図ることとなった[111]ダブリン城での晩餐会に、エリザベス2世はシャムロックの意匠のドレスと、アイルランドの象徴である竪琴(アイルランドの国章を参照)のブローチを新たに制作して着用し、さらに身に付けたティアラは祖母メアリ王妃が結婚する際、1893年に少女たちからの募金で献上された「グレート・ブリテンとアイルランドの少女たちのティアラ」(Girls of Great Britain and Ireland Tiara)だった[113]

2012年は、いよいよ在位60周年記念式典英語版に向けた巡幸を行い、6月に北アイルランドも訪問した[114]。そして、マウントバッテン卿爆殺を指示したとされる元IRA暫定派で北アイルランド副首相のマーティン・マクギネス英語版と握手を交わし、和解を象徴づけた。各地の巡幸は、高齢となった女王自身は国内に専念し、チャールズ王太子夫妻やケンブリッジ公夫妻をはじめとする王室構成員総出で世界中のコモンウェルスを訪問した[115]。5月18日の午餐会では、ヨーロッパのみならず日本の第125代天皇(当時、現:明仁上皇)等を含むアジアやアフリカ等、世界中の王候が集った[116]

6月にはビッグ・ベンの時計塔が在位60周年を記念し「エリザベス・タワー」に改称された。そして7月には、2012年ロンドンオリンピックが開催され、007シリーズに因んだ演出で臨場した女王は、自身で開会宣言を行った(#逸話も参照)。

スコットランド独立問題編集

2013年4月、1歳年長のサッチャー元首相が逝去し、女王はその準国葬に参列した[117]。女王が臣下の葬儀に参列するのは、チャーチル元首相の国葬以来であった[117]

同年には、戴冠式から60周年を記念し、ジョージ4世・ステート・ダイアデム英語版を身に付け王宮内で微笑む写真と、スコットランドの原野でシッスル勲章のローブを着用した険しい表情の写真が公表された[118]。後者の写真が撮影された背景には、スコットランド独立運動の高まりがあった。

そもそも2011年に、スコットランドの連合王国からの独立を掲げるスコットランド国民党(SNP)が過半数を獲得し2012年エディンバラ合意英語版に基づき、2014年9月に独立を問う住民投票が行われる予定だった。ケンブリッジ公夫妻は大学時代をスコットランドで過ごしていたため、当地では英王室は高い人気を誇っており、さらに女王は、エディンバラ合意の前にウィリアム王子をシッスル勲爵士に叙していた[119]。王室人気により、投票は否決されたが、可決されたとしても、エリザベス2世が引き続きスコットランド女王を兼ねる可能性があった[120]

ブレグジット編集

2015年5月の総選挙で、デーヴィッド・キャメロン首相は欧州連合加盟継続の是非を問うことを公約にして勝利する。そこで翌2016年6月23日イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票が行われた結果、僅差で離脱派が勝利した。キャメロン首相は辞職し、英国二人目の女性首相テリーザ・メイが就任した。メイ政権下の交渉の結果、2017年3月29日に2年以内の離脱が決まると、政府は王族たちに親善外交の協力を求めた[121]

今度は、女王の曾孫世代まで総動員し、欧州各国を訪問した[122]。特に、英国北アイルランドとアイルランド共和国の国境管理問題が生起する北アイルランドへは、世界中の注目を集めた結婚後まもない孫のサセックス公ヘンリー王子メーガン妃を遣わした。

さらに、地中海の要衝であるジブラルタルを巡っては、スペイン王国及び同国王室と度々問題が起こってきていた。女王が即位直後の巡幸最後の立ち寄り先が同地であり、またチャールズ王太子とダイアナの新婚旅行先であることが発覚するや、スペインのフアン・カルロス1世夫妻は結婚式への出席を取りやめている[123]。同地は、英国全体の離脱投票結果と大きく異なり、EU残留派が実に96%を占めていた[124]。女王は、3年前の2014年に即位したばかりの新スペイン国王フェリペ6世夫妻の初訪英が2017年7月に行われた際、フェリペ6世にガーター勲章を授与した[125]。翌2018年10月に、2013年に即位したオランダのウィレム=アレクサンダー国王夫妻の初訪英でも、ガーター勲章を授与している[126]。通常、初訪英時にはロイヤル・ヴィクトリア勲章の贈呈が慣例であり、これら「破格」の贈り物には、「見返り」を期待する外交的意味が込められていたとされる[126]

2020年1月31日午後11時(グリニッジ標準時)、英国は欧州連合から正式に離脱した。

近年編集

2016年に90歳を迎え、高齢のため公務の一部を徐々に自身の長男であるチャールズ王太子に引き継ぐようにはなっているものの、現在も精力的に公務を行っている。2017年8月2日に当時96歳となった夫のフィリップ王配が単独の公務から引退したが、エリザベス2世女王自身は引退する意向はなく、今後も当分は公務を継続するとされている[127]。同年11月20日に成婚70周年を迎え、これは60周年の時と同様、イギリスの君主として初である[128]

称号編集

イギリスにおける称号および呼称編集

エリザベス2世は、イギリスを含め16の国家の女王・元首であり、それぞれの国で異なる正式称号を所有している。そのうち、イギリスにおける正式称号は以下のものである。

信仰の擁護者」は、元来はマルティン・ルターに反対したヘンリー8世に対し、ローマ教皇レオ10世から授与された称号である。1534年の国王至上法によりイングランド国教会首長の称号となった。「レルム(英:Realms)」には君主国という意味があるが、ここでは英連邦王国を指す。領域は王室属領および海外領土を指す。また「コモンウェルス(英:Commonwealth)」には複数の意味があるが、ここでは「イギリス連邦」を指す。

イギリスにおける称号および呼称の変遷編集

  • 1926年4月21日 - 1936年12月11日
    • エリザベス・オブ・ヨーク王女殿下(Her Royal Highness Princess Elizabeth of York
  • 1936年12月11日 - 1947年11月20日
    • エリザベス王女殿下(Her Royal Highness The Princess Elizabeth
  • 1947年11月20日 - 1952年2月6日
    • エジンバラ公爵夫人エリザベス王女殿下(Her Royal Highness The Princess Elizabeth, Duchess of Edinburgh
  • 1952年2月6日 - 1953年5月28日
    • 女王陛下(Her Majesty The Queen
    • 神の恩寵によるグレートブリテン、アイルランドおよびイギリス海外自治領の女王、信仰の擁護者(By the Grace of God, of Great Britain, Ireland and the British Dominions beyond the Seas Queen, Defender of the Faith
  • 1953年5月28日 [129] - 現在
    • 女王陛下(Her Majesty The Queen
    • 神の恩寵によるグレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国およびその他のレルムと領土の女王、コモンウェルスの長、信仰の擁護者(By the Grace of God, of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland and of Her other Realms and Territories Queen, Head of the Commonwealth, Defender of the Faith

イギリス国内での非公式な称号編集

イギリスの君主は王冠と統合された爵位の潜在的な保持者である。現在でも「ランカスター公領」を相続し、イギリスの内閣にはランカスター公領大臣が存在する。このため関連する行事等でランカスター公という呼称が用いられることもある。

イギリス以外の称号編集

イギリス連邦編集

イギリス連邦においては独自の君主を有する国や共和国もあるが、エリザベス2世は「コモンウェルスの長」とされている。この称号は元首としての意味は持たないが、統合の象徴となっている。

英連邦王国編集

 
紋章入りの旗
 
紋章入りのカナダの旗

エリザベス2世は、イギリス連邦に加盟する諸国のうち、彼女を元首とする国の元首であり、国王となる。正式称号はイギリスにおける正式称号と国名が異なる程度であるが、「信仰の擁護者」についてはカナダとニュージーランドのみが採用している。

英連邦王国を構成する国は、それぞれ独自の意見を持っている主権国家であり、ときにはそれらの国が政治・経済問題で対立することもある。エリザベス2世はこの場合対立する2つの君主であるという立場になる。ただし、いずれの国も立憲君主制国家であり、当該国の国法に定められた当該国の政治的手続きに従う必要があるため、エリザベス2世自身の政治的判断が求められることはない。

実際にイギリス以外の国の元首として公務に携わることもある。その国に滞在している場合は本人が直接行動する場合が多いが、直接本人が行動できない場合は代理人を通じて行動することもある。公務中の地位については、カナダの公務の場合はカナダ女王、オーストラリアの公務の場合はオーストラリア女王、パプアニューギニアの公務の場合はパプアニューギニア女王というように、対象国に合わせて変動する。

このような女王の公務のあり方の実例として、過去の近代オリンピックの開会宣言を挙げることができる。近代オリンピックの開会宣言はオリンピック憲章によって「開催国の国家元首がこれを行う」と定められている。

エリザベス2世女王を国家元首に戴くイギリス連邦諸国の中では、下表の通りカナダオーストラリアイギリスで計6回のオリンピックが、その在位中に開催されている。うち、女王の名において行われた開会宣言は計3回あり、本人が直接開会宣言を行ったのは2回、女王の王配フィリップが女王の名代(代理人)として開会を宣言したのが1回を数え、イギリス女王、カナダ女王、オーストラリア女王の称号が用いられている。その他の大会は、事実上の国家元首である総督が自らの名のもとに開会を宣言している。

エリザベス2世在位中のオリンピック開催年表
西暦 オリンピック 開催国 開会宣言
1956年 メルボルン五輪   オーストラリア オーストラリア女王の名代として夫の王配エディンバラ公が宣言代行。
1976年 モントリオール五輪   カナダ カナダ女王としてエリザベス2世が宣言。
1988年 カルガリー五輪   カナダ カナダ総督としてジャンヌ・ソーヴェ英語版総督が宣言代行。
2000年 シドニー五輪   オーストラリア オーストラリア総督としてウィリアム・ディーン総督が宣言代行。
2010年 バンクーバー五輪   カナダ カナダ総督としてミカエル・ジャン総督が宣言代行。
2012年 ロンドン五輪   イギリス イギリス女王としてエリザベス2世が宣言。

また、イギリス軍カナダ軍ニュージーランド軍においての各国軍隊の最高司令官であり(ただしあくまで名目上。実質上最高司令権を有するのは、政府の長たる首相)、英連邦諸国における複数の軍隊名誉連隊長位を所持する。

王室属領における称号編集

イギリスの王室属領は、イギリス諸島内にあるがイギリス政府の統治権下にはなく、イギリスの君主が保持する別の主権によって統治されている。マン島においては「マン島領主英語版たる女王(Queen, Lord of Man)」[130] と呼ばれている。チャンネル諸島ジャージーガーンジー)においては「ノルマンディー公たる女王(Duck of Normandy,Our Queen)」となる[131]

人物編集

女王と競馬編集

 
1995年のロイヤルアスコットにて、サイード・アル・マクトゥーム英語版にトロフィーを授与する女王

近代競馬発祥の地であるイギリスにおいては、競馬を庇護・発展させる君主がしばしば現れている。エリザベス2世も競馬の熱心なパトロンである。イギリス史上初めて、スポーツ団体に勅許を与えてジョッキークラブの決定に法的基盤を付与したのはエリザベス2世である[132]。この結果、200年以上にわたって「先例」でしかなかったジョッキークラブの裁定には法的な根拠が認められることになり、権威と権限が大幅に強化されることになった[132]。また、ニューマーケットに英国国立牧場を移したのもエリザベス2世である[132]

エリザベス2世は馬主・生産者として大きな成功を収めている[133]。両親の名を冠したキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの優勝馬オリオールのほか、4頭のクラシック競走優勝馬など、所有馬には数々のステークス優勝馬がいる(詳細)。

1954年と1957年にはイギリスのリーディングオーナー(所有馬の獲得賞金額首位)となった。在位中にこのタイトルを複数回獲得した君主は史上にエリザベス2世のみである[134]。所有馬に騎乗する騎手が着用する勝負服は、紫色の胴部に金ボタンと刺繍をあしらい、袖色は赤。帽子は黒のベルベット地、頭頂部に金モールをあしらったものを使用している。

イギリスにおける牡馬・牝馬のクラシック競走のうち、ダービーステークスのみ所有馬の優勝がない。2011年には所有馬のカールトンハウスが1番人気となり、85歳にして初のダービー優勝馬所有なるかと競馬界を超えて広くイギリス社会の注目を集めた。女王自身もエプソム競馬場でレースを天覧したが、落鉄のアクシデントなどもあり3着に終わった。

2013年6月、英王室自ら開催するロイヤルアスコット開催において、所有馬のエスティメイトがゴールドカップに優勝し36年ぶりにGIを制覇した。

ロイヤルアスコット開催時には、毎年宮殿から馬車アスコット競馬場へ向かうのが慣例である。ロイヤルアスコット開催のレースにおける優勝馬の関係者は、エリザベス2世などが出席するイギリス王室主催の茶会に招かれる。

イギリスの「クイーンエリザベス2世ステークス」、アメリカ合衆国の「クイーンエリザベス2世チャレンジカップステークス」、日本の「エリザベス女王杯」、イギリスの植民地であった香港の「クイーンエリザベス2世カップ」など、エリザベス2世の名を冠した競走が世界各地に存在している。

主な所有馬編集

国民へのビデオメッセージ編集

  • 祖父ジョージ5世から、代々の国王がBBCラジオで放送していたクリスマスメッセージを、1957年に初めてBBCテレビで生放送した[注釈 10]。現在はBBCが事前録画し、毎年12月25日のクリスマスGMT)にBBCワールドニュースなどで、英連邦王国国外にもテレビ放送されている。
  • 2018年12月25日朝に放送されたクリスマスメッセージのビデオ(録画:同年12月12日)では、「私たちを分断するものより、結び付ける者のほうがたくさんある」、「違う考え方を持つ人同士が互いを尊重することが大事だ」と強調した。これは当時、テリーザ・メイ政権が欧州連合(EU)と合意したブレグジット(イギリスのEU離脱)協定を巡ってイギリス議会が紛糾していたが、国家元首として女王は政治問題については中立の立場を保っているものの、イギリスが直面する国家にとって重要な課題を意識したとされた(結果的に、ボリス・ジョンソン政権下の2020年2月1日に、イギリスは正式にEUから離脱した)。また、「長寿は人を賢くすると信じる文化もあります。私もそう思いたい」とも話し、イエス・キリストの誕生に触れ、「この知恵には、人生におけるやっかいな矛盾を認めることも入るかもしれません。例えば、人間には善意を求める大きな気持ちと悪意を持つ能力があります」、さらに女王は4月に行われたイギリス連邦首脳会談に触れ、連邦の力は「愛の絆と、より良い平和な世界で暮らしたいという共通の願いにあります」と話した。そして、「どれほど深刻な違いがあっても、相手を尊重し、同じ人間として接することは常に、より良い理解への有効な一歩です」と話しその上で、「何年もの間、さまざまな変化を見てきましたが、私にとって信仰と家族と友情は、ただ不変のよりどころというだけでなく、個人的な安らぎと安心の源でした」と、女王は自らのキリスト教への強い信仰心を強調した[135]
  • 2019年のクリスマスメッセージのビデオでは、背景にヘンリー王子夫妻の写真が無いことが特に注目され、「国民や王子夫妻に対して何らかのメッセージを送っているのではないか」との憶測を呼んだ。結果的に、翌2020年の年明け早々、王子夫妻の王室離脱(同年3月31日付でのサセックス公爵と公爵夫人の英国王室離脱)が発表された[136]
  • その他、エリザベス2世女王のイレギュラーなテレビ放送によるビデオメッセージとしては、1回目が1991年の湾岸戦争勃発に際して、2回目が1997年のダイアナ元王太子妃の死に際して、3回目が2002年の母エリザベス王太后の死に際して、4回目が2012年の自身の即位60周年に際してがある[137]
  • 2020年4月6日、2019新型コロナウイルスの感染拡大(COVID-19)の局面にて、国民に慰撫と激励のメッセージを送るとともに、最前線で立ち向かう医療従事者たちに謝意を表した。クリスマス以外にビデオメッセージを送ることは稀であり、即位後5回目の出来事であった。第二次世界大戦中に自身が初のラジオスピーチを行ったことにも触れ、メッセージの最後は当時の国民的歌謡曲、ヴェラ・リンの『We will meet again』を引用して、「より良い日は巡ってくる。また会いましょう」と締めくくった[137][138][139]

逸話編集

 
公用車のベントレー・ステートリムジン
  • 2002年の即位50周年記念に、イギリスの自動車製造者協会からベントレー・ステートリムジンが公用車として進呈された。
  • 愛犬家であり、少女時代に先代国王の父ジョージ6世が遊び相手として与えたことから、現在もウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼っている。その他にレトリーバーも飼っている。国内旅行時には、可能な限り愛犬達を同伴する。2012年のロンドンオリンピックの開会式のために『幸福と栄光を』という短編映画でジェームズ・ボンドと共演したが、このときも愛犬たちも出演している。
  • 「クイーン・エリザベス」というバラが、即位の年である1952年に出された。在位50年の記念の年である2002年には「ジュビリー・セレブレーション」、在位60年の記念の年である2012年には「ロイヤル・ジュビリー」というバラが贈られている。
  • 1953年6月2日のウェストミンスター寺院での女王エリザベス2世(当時:26歳)自身の戴冠式に参列するため日本の皇室から昭和天皇の名代として訪英していた皇太子明仁親王(当時:19歳、戴冠式での席次は17番目”その他大勢”の扱い)を、4日後の6月6日のエプソム競馬場でのダービー観戦で自身の隣席に誘い、会話を重ねた。かつて戦間期(日本の大正年間)の日英同盟時代に自身の祖父ジョージ5世国王が、(皇太子明仁親王の父親である)昭和天皇の(その当時の明仁親王とほぼ同じ年頃に)皇太子時代での訪英の折に歓迎し、日英の皇室王室間交流が始まった話などを振り返り、(第二次世界大戦で敵対した)戦後の日英関係の友好親善に尽力したとされる[140]
  • 女王自身が「時代に合わない」として、1958年を最後に、女王主催のバッキンガム宮殿舞踏会デビュタント)は行われなくなった。替わりに、ガーデンパーティーが行われている。(BBC製作『ダイヤモンド・クイーン~王室の存亡と近代化~』)
  • 1975年5月7日-12日に夫妻で日本を訪問した際、都内の駐日英国大使館黒柳徹子と面会した。黒柳はインタビューで「『(エリザベス女王:)どんなお仕事なの?』『(黒柳:)女王さまのテレビ中継です』『(エリザベス女王:)お仕事うまくいった?』『(黒柳:)ええ、女王さまがうまくやってくださったので』みたいなやりとりで、女王さまは大笑いしてティアラと胸もとのダイヤモンドと真珠の飾りが揺れて燦然として、私は『(黒柳:)こんなの見たことない、美術館にあるのと同じだ』と思って口を開けて見てたんですけどね。私みたいにどんどん話しかける人がいなかったので、5分の予定が20分になっちゃって。女王様はたくさんお笑いになりました」と当時のことを振り返った[141]
  • 2012年ロンドンオリンピックの開会式には、住居であるバッキンガム宮殿からジェームズ・ボンド身辺警護で、ヘリコプターでオリンピックスタジアム上空まで移動し、ユニオンジャックパラシュートで地上に降下し、貴賓席に姿を表す、という「サプライズ演出」がなされた(実際に飛び降りたのは無論女王本人ではなく、ゲイリー・コネリーというプロのスタントマン[142])。この演出のためにダニー・ボイル監督とBBCによって『幸福と栄光を英語版[注釈 11]という短編映画が制作されたが、女王の召喚を請けて、バッキンガム宮殿の女王の私室をボンドが訪れる場面では、女王本人が出演。その際に、私室内での出演のみならず、室での動画撮影を許可している。女王在位60年、007シリーズ50周年の節目の年に、ジェームズ・ボンドとエリザベス女王が共演する『女王陛下の007』が現実のものとなった。2013年4月、これらの功績により、英国映画テレビ芸術アカデミーから、英国アカデミー賞名誉賞を授与された。
  • 2016年5月11日、園遊会において2015年10月の習近平中華人民共和国主席の訪英に際して、中華人民共和国外交使節団の振る舞いが大変無礼であったと発言、さらにルーシー・ドーシー警視長に「運が悪かったですね」と労いの言葉を掛け、駐中国イギリス特命全権大使に対しても中華人民共和国側の対応が「酷く失礼でした」と述べていたことがBBCの取材で明らかとなり、女王の異例の発言として注目を集めた[143][144]。中華人民共和国ではBBCワールドニュースが、この女王発言について報道する場面で、急にテレビ画面と音声を切断する報道検閲が行われた[145]。イギリス王室は「女王の私的な会話にはコメントしない。国賓としての訪問は大成功だった」とする声明を出した[145]中華人民共和国外交部報道局陸慷中国語版報道官は「誰がその映像を流したのか、当事者に聞くべきだ」と定例記者会見で不快感と苛立ちを示した[146]
  • エリザベス2世女王は普段の食事は自ら節制していたが、一方で「チョコレート好き」で、「特にチョコレートクッキーはあるだけ食べてしまうので、サービスする人間は注意していた」という[147]

子女編集

王配であるエディンバラ公爵フィリップ王子との間には、3男1女がいる。王位継承順位は2020年1月1日現在。

続柄 名前 生年月日 没年月日 備考
第1王子
第1子・長男
  チャールズ 1948年11月14日 存命中(72歳) 王位継承順位第1位王太子)。
1981年にダイアナ・スペンサーと結婚。1996年に離婚。
2005年にカミラ・シャンドと再婚。
子女:2男(2人)
第1王女
(第2子・長女)
  アン 1950年8月15日 存命中(70歳) 王位継承順位第14位。
1973年にマーク・フィリップスと結婚。
1992年に離婚し、同年にティモシー・ローレンスと再婚。
子女:1男1女(2人)
1987年にプリンセス・ロイヤルの称号を受けた。
第2王子
(第3子・次男)
  アンドルー 1960年2月19日 存命中(60歳) ヨーク公爵
王位継承順位第8位。
1986年にセーラ・ファーガソンと結婚。1996年に離婚。
子女:2女(2人)
第3王子
(第4子・三男)
  エドワード 1964年3月10日 存命中(56歳) ウェセックス伯爵
王位継承順位第11位。
1999年にソフィー・ヘレン・リース=ジョーンズと結婚。
子女:1男1女(2人)

租税回避地での資産運用編集

2017年11月6日、エリザベス2世英女王の個人資産のうち約15億円がタックス・ヘイヴン(租税回避地)で運用されていたことが明らかになった。

規制当局に処罰されたり、税金滞納で破産申請したりしたバミューダ諸島ケイマン諸島の企業が含まれていた[148]

関連作品編集

回想録編集

The little princesses(マリオン・クロフォード英語版著、1950年)
エリザベス王女とマーガレット王女のガヴァネス(家庭教師)だった、クロフィことマリオン・クロフォードが記した。クロフィは、退任後、王室のコテージに住む権利も与えられていたが、本書の出版が暴露本と受け止められ、居住の権利や王室との交流も絶えてしまった。邦訳は下記の通り。
  • 『王女物語 エリザベス女王の少女時代村岡花子(訳)、ダヴィッド社、1952年。
    • 『王女物語 エリザベス女王の少女時代村岡花子(訳)、西村保史郎(絵)、偕成社〈少年少女世界のノンフィクション16〉、1966年8月。ISBN 978-4037111601
  • 『王女物語 エリザベスとマーガレット中村妙子(訳)、みすず書房、2020年12月。ISBN 978-4622089414

映画編集

テレビドラマ編集

系譜編集

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード8世ジョージ6世メアリーヘンリージョージ ジョン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベス2世マーガレット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズアンアンドルーエドワード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアムヘンリーピーターザラベアトリスユージェニールイーズジェームズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージシャーロットルイサバンナアイラミアレイナ

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 女王公式誕生日とされる5月末から6月初め頃と実際の女王誕生日が異なることについては、当該項目を参照。
  2. ^ この後、2013年に性別を問わない長子相続に改正された(詳細は2013年王位継承法を参照)
  3. ^ 例えば、オランダ推定相続人だったユリアナ王女はオランダからイギリスに亡命した後、さらにカナダに亡命し第三子を出産している。
  4. ^ このため戦後に王位に即位して以降も、公務外のプライベートでは王室所有の自動車を自ら運転することが度々あった。エリザベスはその運転歴において、小は大衆車ミニから、アストン・マーティンのようなスポーツカー、大は高級四輪駆動車レンジローバーまで、多くのイギリス車ステアリングを握っている。
  5. ^ 外遊後の同1947年8月15日インド帝国インド連邦 (ドミニオン)パキスタン (ドミニオン)として分離独立し、後に両国とも共和制に移行し、大英帝国から英連邦への移り変わりを決定づけている。
  6. ^ 当時、三姉セシリア1937年に航空事故死、夫妻でナチスに入党)を除く、長姉マルガリタ、次姉セオドラ、四姉ソフィアの3名が存命だった。
  7. ^ 女王は各国の戦没者を慰霊するのが慣例であったが、日本国内で靖国神社千鳥ケ淵戦没者墓苑かでまとまらず、代替として伊勢神宮を訪問することとなった。しかし、エリザベス2世はイングランド国教会の首長であり、神道式の参拝の形式を取らなかった[78]
  8. ^ サッチャー首相は、実業家の夫デニスが南アフリカで事業を展開していた[90]
  9. ^ 就任時点で42歳(43歳になる誕生日の4日前)だった。なお歴史上の最年少記録はウィリアム・ピット (小ピット)の24歳。
  10. ^ デズモンド・モリス『クリスマス・ウォッチング』(扶桑社)§53によれば、「声は緊張のあまり裏返り、話し方はぎこちなかったけれど、エリザベス二世は慣れない仕事に懸命に取り組んだ」という。
  11. ^ 原題『Happy and Glorious』は、国歌『女王陛下万歳』の歌詞の一節である。

出典編集

  1. ^ “サウジアラビアの故アブドラ国王、エリザベス女王の無謀な運転に怯える”. ハフィントン・ポスト. (2015年1月26日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/26/queen-elizabeth-took-king-abdullah-a-drive_n_6544824.html 2016年10月30日閲覧。 
  2. ^ 君塚 2020 p.249
  3. ^ a b 『中央公論』 2016 9月号 p.46 「ヨーロッパ王室における『譲位』の現状」君塚直隆 関東学院大学教授
  4. ^ 君塚 2020 p.12-13
  5. ^ 君塚 2020 p.12-13
  6. ^ Brandreth, p. 103
  7. ^ Pimlott, p. 12
  8. ^ Lacey, p. 56;Nicolson, p. 433;Pimlott, pp. 14–16
  9. ^ Crawford, p. 26;Pimlott, p. 20;Shawcross, p. 21
  10. ^ Brandreth, p. 124;Lacey, pp. 62–63;Pimlott, pp. 24, 69
  11. ^ a b 君塚 2020 p.18
  12. ^ Brandreth, pp. 108–110
  13. ^ Brandreth, p. 105;Lacey, p. 81;Shawcross, pp. 21–22
  14. ^ Bond, p. 8;Lacey, p. 76;Pimlott, p. 3
  15. ^ 君塚 2011 p.188
  16. ^ 君塚 2020 p21-22
  17. ^ 君塚 2020 p24-25
  18. ^ a b c 君塚 2020 p.25
  19. ^ Marr, pp. 78, 85;Pimlott, pp. 71–73
  20. ^ e.g. Assheton, Ralph (18 December 1936). “Succession to the Throne”. The Times: 10. 
  21. ^ 君塚 2020 p.27-28
  22. ^ 君塚 2020 p.28
  23. ^ a b 君塚 2020 p.41
  24. ^ 君塚 2020 p.41-42
  25. ^ Brandreth, pp. 132–139;Lacey, pp. 124–125;Pimlott, p. 86
  26. ^ Biography of HM Queen Elizabeth the Queen Mother:Activities as Queen”. Royal Household. 2009年7月28日閲覧。
  27. ^ Crawford, pp. 104–114;Pimlott, pp. 56–57
  28. ^ Crawford, pp. 114–119;Pimlott, p. 57
  29. ^ a b Children's Hour:Princess Elizabeth”. BBC (1940年10月13日). 2020年4月17日閲覧。
  30. ^ Children's Hour Broadcast”. YouTube The Royal Family Channel, the official channel of the British Monarchy. (2009年1月20日). 2020年4月17日閲覧。
  31. ^ Early public life”. Royal Household. 2010年4月20日閲覧。
  32. ^ a b c d 君塚 2020 p.42
  33. ^ Pimlott, p. 71
  34. ^ "No. 36973". The London Gazette (Supplement) (英語). 6 March 1945. p. 1315. 2010年6月5日閲覧
  35. ^ Bradford, p. 45;Lacey, p. 148;Marr, p. 100;Pimlott, p. 75
  36. ^ A speech by the Queen on her 21st Birthday, 1947”. イギリス王室公式サイト (1947年4月21日). 2020年4月17日閲覧。
  37. ^ The Crown:Princess Elizabeth's 21st Birthday Speech (1947)”. YouTube British Pathé (2014年4月13日). 2020年4月17日閲覧。
  38. ^ Heald, p. 77
  39. ^ Edwards, Phil (2000年10月31日). “The Real Prince Philip”. Channel 4. 2009年9月23日閲覧。
  40. ^ a b c 君塚 2014 p.242
  41. ^ a b 君塚 2020 p.46
  42. ^ 60 Diamond Wedding anniversary facts”. Royal Household (2007年11月18日). 2010年6月20日閲覧。
  43. ^ 君塚 2020 p.44-45
  44. ^ a b 君塚 2020 p.45
  45. ^ Hoey, p. 59;Petropoulos, p. 363
  46. ^ Bradford, p. 61
  47. ^ 君塚 2020 p.47-49
  48. ^ 君塚 2020 p.51
  49. ^ 君塚 2020 p.51-52
  50. ^ 君塚 2020 p.55-56
  51. ^ 君塚 2020 p.56-57
  52. ^ 君塚 2020 p.57
  53. ^ 君塚 2020 p.64
  54. ^ 君塚 2020 p.62
  55. ^ 君塚 2020 p.60
  56. ^ a b 君塚 2020 p.251
  57. ^ 君塚 2020 p.170-171
  58. ^ 君塚 2020 p.97-98
  59. ^ 君塚 2020 p.65-70
  60. ^ 君塚 2020 p.72-74
  61. ^ 君塚 2020 p.74-75
  62. ^ 君塚 2020 p.76-77
  63. ^ 君塚 2020 p.78-79
  64. ^ 君塚 2020 p.80-81
  65. ^ 君塚 2020 p.81-84
  66. ^ 君塚 2014 p.273-274
  67. ^ 君塚 2014 p.274
  68. ^ 君塚 2014 p.275-276
  69. ^ a b 君塚 2014 p.277
  70. ^ 君塚 2014 p.278-279
  71. ^ 君塚 2020 p.87-89
  72. ^ 君塚 2020 p.88-90
  73. ^ 君塚 2020 p.129-130
  74. ^ 君塚 2020 p.130
  75. ^ 君塚 2020 p.91
  76. ^ a b 君塚 2020 p.102
  77. ^ 君塚 2014 p.253-256
  78. ^ 君塚 2020 p.122-123
  79. ^ エリザベス女王来日 1975年 - NHK名作選(動画他) – 2019年9月7日閲覧。
  80. ^ 君塚 2020 p.124-126
  81. ^ 君塚 2020 p.117
  82. ^ 君塚 2020 p.118
  83. ^ 君塚 2020 p.118-119
  84. ^ 君塚 2020 p.120
  85. ^ 君塚 2020 p.137-139
  86. ^ 君塚 2020 p.137
  87. ^ 君塚 2020 p.140-141
  88. ^ 君塚 2020 p.141
  89. ^ 『20世紀全記録 クロニック』小松左京堺屋太一立花隆企画委員。講談社、1987年9月21日、p1161。
  90. ^ 君塚 2020 p.153
  91. ^ 君塚 2020 p.156-158
  92. ^ 君塚 2020 p.158-159
  93. ^ 君塚 2020 p.160-161
  94. ^ 君塚 2020 p.161
  95. ^ a b 君塚 2020 p.145
  96. ^ a b 君塚 2020 p.146
  97. ^ 君塚 2020 p.183-185
  98. ^ 君塚 2020 p.209-210
  99. ^ 君塚 2020 p.210
  100. ^ 君塚 2020 p.212
  101. ^ a b c 君塚 2020 p.189
  102. ^ a b 君塚 2020 p.190
  103. ^ 竹田 2000 p.274-276
  104. ^ 君塚 2020 p.199-200
  105. ^ 君塚 2020 p.200
  106. ^ 君塚 2020 p.218
  107. ^ a b 君塚 2020 p.219
  108. ^ 君塚 2020 p.221
  109. ^ 君塚 2020 p.223-224
  110. ^ 君塚 2020 p.225-226
  111. ^ a b 君塚 2020 p.231
  112. ^ 君塚 2020 p.229-230
  113. ^ 君塚 2020 p.233-234
  114. ^ 君塚 2020 p.234
  115. ^ 君塚 2020 p.237-239
  116. ^ 君塚 2020 p.239
  117. ^ a b 君塚 2020 p.243
  118. ^ 君塚 2020 p.244-245
  119. ^ 君塚 2020 p.247-248
  120. ^ 君塚 2020 p.248-249
  121. ^ 君塚 2020 p.256
  122. ^ 君塚 2020 p.256-258
  123. ^ 君塚 2020 p.259
  124. ^ 君塚 2020 p.259-260
  125. ^ 君塚 2020 p.260-261
  126. ^ a b 君塚 2020 p.260
  127. ^ “英女王の夫フィリップ殿下、公務を引退 96歳”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年8月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3137940 2017年11月20日閲覧。 
  128. ^ “英女王夫妻が結婚70周年”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年11月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3151699 2017年11月20日閲覧。 
  129. ^ "No. 39873". The London Gazette (11th supplement) (英語). 26 May 1953. p. 3023. 2011年11月19日閲覧 Proclamation of 28 May 1953 made in accordance with the Royal Titles Act 1953.
  130. ^ 弥久保宏「英国王室保護領マン島の統治システムについて--世界最古の議会Tynwaldの構造を中心に」『駒沢女子大学研究紀要』第17巻、駒沢女子大学、2010年、 311頁、 NAID 110008091492
  131. ^ 弥久保宏「英国チャネル諸島、グァンジー代官管轄区の統治システム:もう一つの英国統治スタイル」『駒沢女子大学研究紀要』第20巻、駒沢女子大学、2013年、 122頁、 NAID 110009823046
  132. ^ a b c 『競馬資料』1970年3月号,日本中央競馬会,p62-64
  133. ^ 中央競馬PRセンター 1986 p.237-238
  134. ^ 中央競馬PRセンター 1986 p.238
  135. ^ エリザベス英女王、善意の気持ちが「今こそ必要」 クリスマスのメッセージ”. BBCニュース日本語版 (2018年12月26日). 2020年4月26日閲覧。
  136. ^ なぜエリザベス女王は“非情の判断”を下したのか?”. 文春オンライン (2020年2月21日). 2020年4月8日閲覧。
  137. ^ a b エリザベス女王演説ノーカット版 解説も”. YouTube テレ東NEWS (2020年4月8日). 2020年4月17日閲覧。
  138. ^ 英女王、新型コロナ対応で異例の演説 「また会いましょう」”. ロイター (2020年4月6日). 2020年4月8日閲覧。
  139. ^ ウイルスとの戦いに「成功します」 英女王が異例の演説”. BBCニュース日本語版 (2020年4月6日). 2020年4月17日閲覧。
  140. ^ 『ビッグコミックススペシャル 明仁天皇物語』 原作:永福一成 作画:古屋兎丸 監修:志波秀宇、小学館、2016年
  141. ^ 黒柳徹子という、素直に、飽きずに、子どもの目で世界を見る人。 BY VOGUE JAPAN 2017年1月11日 – 2019年9月7日閲覧。
  142. ^ ““英女王”ヘリから降下!仰天の舞台裏”. ZAKZAK. (2012年8月7日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120807/enn1208070749003-n1.htm 2017年7月11日閲覧。 
  143. ^ “エリザベス英女王、中国使節は「とても失礼」と 録音されていた会話で” (日本語). BBCニュースジャパン (英国放送協会). (2016年5月11日). http://www.bbc.com/japanese/36263943 2016年5月19日閲覧。 
  144. ^ “エリザベス女王が失言、中国の訪英団は「ひどく失礼」-カメラが記録” (日本語). ブルームバーグ. (2016年5月12日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-11/O70BAR6KLVR801 2016年5月19日閲覧。 
  145. ^ a b “英女王が異例の発言 中国側一行の対応は「とても失礼」”. NHKニュースワイド (日本放送協会). (2016年5月11日). オリジナルの2016年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160511151010/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160511/k10010517421000.html 
  146. ^ 渡辺志帆、倉重奈苗 (2016年5月12日). “英女王、中国訪問団は「非礼」 マイクが拾った発言波紋”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ5C71VXJ5CUHBI036.html 2016年5月19日閲覧。 
  147. ^ エリザベス女王、最長在位の秘訣は食にあり(チョコは別腹)2017年6月19日(月)17時30分 西川 恵(毎日新聞社客員編集委員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載 - ニューズウィーク日本版
  148. ^ 英女王の個人資産、オフショア投資が発覚 パラダイス文書 bbc 2017年11月6日

参考文献編集

  • 君塚直隆『女王陛下の外交戦略 - エリザベス二世と「三つのサークル」』講談社、2008年。ISBN 978-4062145664
  • アンドルー・ダンカン、読売新聞社外報部訳『イギリス王室の内幕』読売新聞社、1971年。ASIN B000J9GFAQ。
  • ウィリー・ハミルトン、北畠霞訳『女王陛下と私 - エリザベス2世』勁文社、1975年。ASIN B000J9F8XG
  • サラ・ブラッドフォード、尾島恵子訳『エリザベス』読売新聞社(上・下)、1999年。ISBN 978-4643990300

関連項目編集

外部リンク編集

公式
英国版公式サイト (英語)
カナダ版公式サイト (英語)
その他
エリザベス女王 戴冠式 | NHK放送史(動画・記事)
エリザベス女王 来日 | NHK放送史(動画・記事)
The Christmas Broadcast, 1957 - YouTube(英語) 女王のクリスマスメッセージを視聴することが出来る。
James Bond and The Queen London 2012 Performance - YouTubeオリンピックチャンネル(英語)