アルスバッハ=ヘーンライン

紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Alsbach-Hähnlein.png Lage des Landkreises Darmstadt-Dieburg in Deutschland.GIF
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: ダルムシュタット行政管区
郡: ダルムシュタット=ディーブルク郡
緯度経度: 北緯49度44分
東経08度35分
標高: 海抜 196 m
面積: 15.78 km²
人口:

9,149人(2019年12月31日現在) [1]

人口密度: 580 人/km²
郵便番号: 64659 - 64665
市外局番: 06257
ナンバープレート: DA
自治体コード: 06 4 32 001
行政庁舎の住所: Bickenbacher Straße 6
64665 Alsbach-Hähnlein
ウェブサイト: www.alsbach-haehnlein.de
首長: ゼバスティアン・ブーベンツァー (Sebastian Bubenzer)
郡内の位置
Alsbach-Hähnlein in DA.svg
地図

アルスバッハ=ヘーンライン (Alsbach-Hähnlein) はドイツ連邦共和国ヘッセン州ダルムシュタット=ディーブルク郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記載する)。

地理編集

隣接する市町村編集

アルスバッハ=ヘーンラインは、北はビッケンバッハ、東はゼーハイム=ユーゲンハイム、南はベンスハイムツヴィンゲンベルクベルクシュトラーセ郡)、西はゲルンスハイムグロース=ゲーラウ郡)とそれぞれ境を接している。

自治体の構成編集

アルスバッハ=ヘーンラインは、アルスバッハ地区、ヘーンライン地区およびザントヴィーゼ地区の3地区からなる。

歴史編集

 
アルスバッハ城とアルスバッハ=ヘーンラインの街

アルスバッハは773年ロルシュ文書中で初めて言及されている。しかし出土品は、アルスバッハやヘーンラインの場所には新石器時代(紀元前2800年から1800年頃)には人が住んでいたことを示している。1240年にゴットフリート1世フォン・ビッケンバッハによってアルスバッハ城が建設された。1423年にはユダヤ人墓地の存在が確認される。1527年から1537年までヴュルテンベルク公ウルリヒがここで亡命生活を送った。1997年9月18日、ヘッセン州の州当局のすすめにより市民団体「アルスバッハ城歴史・文化クラブe.V.」が設立された。この市民団体の目的は、城址を良好な状態に保ち、美化に努め、修復を行うことにある。さらに様々な行事を通して、ヘッセン州の文化財であるアルスバッハ城を訪れる人を惹きつける史跡とし、家族みんなに愛される見るべき価値のある観光地にすることにも努めている。2000年からこの市民団体は自主的に城の管理・運営を行っている。

ヘーンラインは1333年に、ロルシュ文書中に「Hennechen」の名前で初めて登場する。この名前は、紛らわしいのだが、鶏とは関係がない(Henne = 雌鶏、Hahn = 雄鶏)。これは「Hainlin」あるいは「Hainlein」とも記述され、森の中の入植地「Hagen」に由来する。中心部には後に「ハイナー・ホーフ」が築かれた。この建物は後に避難所となり、現在は町の庁舎として利用されている。

行政編集

議会編集

アルスバッハ=ヘーンラインの町議会は31議席からなる。

友好都市編集

交通編集

アルスバッハ=ヘーンラインでは以下の公共交通機関が利用可能である。 ダルムシュタット市電8系統: ダルムシュタット=アーハイルゲン – アルスバッハ バス路線669系統: ユーゲンハイム – アルスハイム – ヘッペンハイム バス路線K50系統: ニーダー=ベーアバッハ – アルスバッハ – ヘーンライン バス路線8N系統: ダルムシュタット=エーバーシュタット – アルスバッハ – ヘーンライン ヘーンライン=アルスバッハ駅からは、ダルムシュタットフランクフルト・アム・マインマンハイム/ハイデルベルク行きのレギオナルバーンが発着する。

アルスバッハには1961年まで、現在は廃線となったビッケンバッハ – ゼーハイム線の駅があった。

人物編集

ゆかりの人物編集

  • エルンスト・パスクー(1821年 – 1897年)オペラ歌手、音楽家、著作家
  • ベンノ・エルカン(1877年 – 1960年)彫刻家、1911年から1919年にアルスバッハに住んだ。
  • エリーザベト・グリュンマー(1911年 – 1986年)オペラ歌手
  • ハノ・バーリッチュ(1981年 - )サッカー選手

引用編集

外部リンク編集