アルタイルへのメッセージ

アルタイルへのメッセージは、1983年森本雅樹平林久によりアメリカ合衆国カリフォルニア州スタンフォード電波望遠鏡からわし座アルタイルへ向けて送信された電波である[1][2]集英社週刊少年ジャンプで、七夕の企画として行われた。

1983年のアルタイルへのメッセージの概要、11枚目

送信編集

メッセージは、子供たちの音声によるメッセージと、13枚のビットマップ画像からなる[2]。送信は、旧暦の七夕に当たる8月15日に、アメリカ合衆国カリフォルニア州スタンフォードより30分かけて行われた。

13枚の絵では数やDNAのほか、生物の形や進化も示す。下図は送信画像の概要図で、実際は71ビット四方のビットマップである。71と71と13の積が2の16乗に近いことから、この数が選ばれた。

番号 画像の概要 解説
1[2]   数、元素

(自然数、素数、3の冪乗、加法、乗法)
(元素)21.1cm
(分子とその波長)18.6cm、18.0cm、18.0cm、17.4cm、6.2cm
1.3cm、6.9mm、3.4mm
2.6mm、3.4cm×62=21.1cm
(原子構造)

2[2]   太陽系

(赤道半径、太陽からの平均距離)
(Rの定義)10m

3[2]   ヌクレオチドの構造
4[2]   DNAの構造と複製
5[1][2]   原始生物

0.5mm

6[1][2]   クラゲ類

10cm

7[1][2]   魚類

50cm

8[1][2]   両棲類

1m

9[1][2]   両棲類、は虫類、哺乳類の中間種

1m

10[1][2]   類人猿

2m

11[1][2]   人間

2m
(遺伝子情報数)約2億
(世界の人口)約43億

12[1][2]   女性の顔

36.4cm

13[2]   発信パラメータとお祝いのメッセージ

(ビットの総数)
(発信周波数=423MHz)70.8cm
(電波望遠鏡半径)23.0m

返信編集

メッセージは2000年ごろにアルタイルに到着する。平林は、可能性は高くないとしつつも、もしアルタイルに知的生命がいた場合、最短で2017年に返信が期待できるとしている[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 平林久『宇宙人に会いたい!―天文学者が探る地球外生命のなぞ』学研教育出版(2014)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 平林久、宮内勝典『E.T.からのメッセージ―地球外文明探査講義』朝日出版社(1987)

関連項目編集

外部リンク編集