アルトゥール・シェルビウス

ドイツの電気技術者、発明家

アルトゥール・シェルビウス(ドイツ語: Arthur Scherbius, 1878年10月30日 - 1929年5月13日)は、ドイツ人電気技術者、発明家である。機械式暗号エニグマを発明した。

アルトゥール・シェルビウス
生誕 (1878-10-30) 1878年10月30日
ドイツの旗 ドイツ帝国フランクフルト
死没 1929年5月13日(1929-05-13)(50歳)
ドイツの旗 ドイツ国ベルリン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
業績
設計 エニグマ
1928年登録のシェルビウスのエニグマの特許

経歴編集

1878年 フランクフルト・アム・マイン生まれ。ミュンヘン工科大学ハノーファー大学電気工学を学んだ。

ドイツスイスでいくつかの電気会社で働いた後、1918年にScherbius & Ritter社を設立し、「エニグマ」(ギリシャ語で「謎」の意味)の名称で暗号機を販売した。 1926年、エニグマの1機種がドイツ海軍に採択された。数年後、ドイツ陸軍も同じ機械を採択した。

1929年、シェルビウスは馬車の事故で死亡した。

特許編集

関連文献編集