アルドン酸(アルドンさん、aldonic acid)とは、単糖を酸化して得られる誘導体のうち、アルドースの1位のホルミル基カルボキシル基に変わったカルボン酸の総称。

D-グルコン酸の構造式。右端の炭素が1位。

例えば、アルドン酸の代表例であるグルコン酸は、グルコースを酸化して合成される。

アルドン酸を実験室で合成する場合は酸化剤として次亜ヨウ素酸 (HIO) などが用いられる。

6員環、または 5員環のラクトンへと分子内環化する傾向がある。また、強塩基が作用すると、2位のエピ化が起こる場合がある。

化合物例編集

関連項目編集