アルバート・ローズ

アルバート・ローズ(Albert Rose, 1910年3月30日 - 1990年7月26日)は、ニューヨーク生まれのアメリカ合衆国物理学者で、撮像管の開発に多大な貢献を残した[1]

彼は1931年、1935年にコーネル大学でそれぞれ物理学の学士号、博士号を取得した。その後RCAに入社し、撮像管の開発に従事した。

彼は光伝導の専門家として知られ、例えば、1963年にJohn Wiley & Sonsから"Concepts in photoconductivity and allied problems"という著書を出版している。

1990年に亡くなった[1]

特許編集

受賞など編集

出典編集

  1. ^ a b “Albert Rose, a Research Scientist Known for TV Tube, Dies at 80.”. New York Times 

外部リンク編集