アルピナ (腕時計)

アルピナ(英称:Alpina)は、スイスジュネーブに本拠地を置くシチズン傘下の高級時計メーカーである[1]

Alpina
種類
非公開会社
業種 時計製造
設立 1883年
本社
製品 腕時計
親会社 シチズン時計

ミッション編集

アルピナのミッションとして製造、設計、技術革新のすべての側面において、スイス・アルプスのような自然環境でのスポーツに挑む人々のためにスポーツウォッチを提供している。

特徴編集

日本ではあまり知名度はないがスイスの時計メーカーの中でも歴史が長くコアなファンがいる。実用性が高い時計がある。使用ムーブメントはセリタ製である。価格は比較的に高価であるが、それに合わせている防水が備えられている。

現在は、フレデリック・コンスタントブローバアンジェラスと並ぶシチズン時計の海外事業の子会社となっている。そのため、シチズン時計系列の正規代理店で販売されている。

歴史編集

  • 1883年 - ゴットリーブ・ハウザーが「アルピナ・ユニオン・オルロジェール S.A.(UH)」を設立。
  • 1913年 - ドイツ海兵隊に「アルピナ クロノメーター」を納入。
  • 1926年 - 世界初の国際時計保証制度を確立。
  • 1933年 - アルピナ初のスポーツウォッチ「ブロックウアー」を発売。
  • 1938年 - スポーツウォッチ「アルピナ4」を発売。
  • 1959年 - スポーツや工業用途に適したテレメーター(遠隔計測機)とユニットメーターを文字盤に装備した「アルピナ4 クロノグラフモデル」を発売。
  • 2013年 - スポーツウォッチ製造開始130周年を記念し、「アルピナ130」を発表。
  • 2014年 - スポーツウォッチ「アルピナ4」の復刻版を1938年当時の仕様で発売。
  • 2015年 - 「スイスメイドスマートウォッチ」を発表。特許取得の「ダイレクト・フライバック」テクノロジーを備えた自社製キャリバー「マニュファクチュール オートマチック フライバック クロノグラフ AL-760」も発表。
  • 2016年 - 1960年代に発表したダイバーズウォッチ「シーストロング 10 スーパーコンプレッサー」に現代的な解釈を加えたモデル「シーストロング ダイバー ヘリテージ」を「バーゼルワールド2016」で発表。
  • 2017年 - 自社のアビエーションウォッチの歴史へのオマージュとして、「スタータイマー パイロット オートマチック」の新作コレクションをプロのパイロットと航空機愛好家に向けて発表。シチズン傘下入り。

スポンサーシップ編集

脚注編集

  1. ^ シチズン、買収したスイス高級時計フレデリック・コンスタントの日本総代理店業務開始、右上がり狙う

外部リンク編集