アンジェラスStolz Freres S.A., Fabrique Angelus )はスイス時計メーカー。

1891年、グスタフ・シュトルツ(Gustav Stolz )とアルバート・シュトルツ(Albert Stolz )兄弟によりスイス・ヌーシャテル州ル・ロックルで創業した。自社でクロノグラフのムーブメントを製作できる技術を持ったマニュファクチュールであったが、クォーツショックのあおりを受けて1970年代に廃業した。

8日巻きのムーブメントは1956年オフィチーネ・パネライのラジオミールに採用されている[1]

2015年に復活を果たし、バーゼル・フェアトゥールビヨン搭載の腕時計を発表した[2]。現在の本社はラ・ショー=ド=フォンにある。

2015年、シチズンに買収された。

脚注編集

  1. ^ この時計は2005年に復刻されたが、この復刻版にはアンジェラスの機械は使用されていない
  2. ^ 「アンジェラス」が前衛的なトゥールビヨンで復活、OPENERS、2015年5月28日、同年6月10日閲覧

外部リンク編集