アルフレッド・ウィリアム・パーソンズ

アルフレッド・ウィリアム・パーソンズ(Alfred William Parsons RA、1847年12月2日 - 1920年1月16日)はイギリスの水彩画家、挿絵画家、園芸家である。

アルフレッド・ウィリアム・パーソンズ
Alfred William Parsons
Picture of Alfred Parsons.jpg
生誕1847年12月2日
イギリス, Beckington
死没1920年1月16日

略歴編集

サマセットのFromeに近い、Beckingtonに生まれた。父親は医者で、熱心な高山植物の愛好家で、有名な造園家ウィリアム・ロビンソンと手紙のやり取りをしていた人物である[1]。学校を卒業した後、1867年から郵便局の事務職となるが、2年後仕事をやめて、ケンジントンの美術学校で学び始め、展覧会に出展するようになった。1874年からロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの展覧会に毎年出展した[2]

1897年にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの準会員に選ばれ、1911年に正会員となった[3]。1905年にイギリス水彩画家協会(Society of Painters in Watercolours)の会長になった。

風景画家としてイギリスの風景を描いたが、1892年に日本を訪れ、早春から晩秋まで滞在し、長崎から関西などを旅し水彩画を描いた。旅行記、「Notes in Japan」」(1896)を出版した[4]

挿絵画家、植物画家としては、ウィリアム・ロビンソンの著書、The Wild Garden(1870)に挿絵を描き、有名な園芸家、エレン・ウィルモットの著書「The Genus Rosa」の植物画を描いた[5]

作品編集

参考文献編集

  1. ^ Marion Mako, "Painting with nature in Broadway, Worcestershire", Journal of the Garden History Society 34.1 (Summer 2006:47-63), p. 47, 49..
  2. ^ Mako 2006:48.
  3. ^ Royal Academy of Arts Collections; Alfred Parsons, R.A.
  4. ^ アルフレッド・パーソンズと彦根天寧寺 金子孝吉「彦根論叢」 第367号 平成19(2007)年7月
  5. ^ [1] Alfred Parsons Tate gallery HP