メインメニューを開く

アルフレッド・サンシエ

アルフレッド・サンシエAlfred Sensier, 1815年12月25日 - 1877年1月7日)は、フランスの実業家で、フランス美術、特にバルビゾン派を取り上げた批評家・伝記作家[1]

アルフレッド・サンシエ
Alfred Sensier
生誕 (1815-12-25) 1815年12月25日
フランスの旗 フランス パリ
死没 (1877-01-07) 1877年1月7日(61歳没)
フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 実業家、美術批評家、伝記作家
著名な実績 『ミレーの生涯と作品』

生涯編集

公証人の息子として生まれ、法律を学ぶ傍ら、美術への関心を深めた[2]

1846年、テオドール・ルソーと知り合い、後に彼の伝記を書くことになる。そのほか、ジュール・デュプレ、アントワーヌ=ルイ・バリー、コンスタン・トロワイヨンナルシス・ディアズ・ド・ラ・ペーニャ、そしてジャン=フランソワ・ミレーとも親交を結ぶ[2]

1848年4月1日、ルーヴル美術館の主任に任命される[2]

1851年から1873年6月1日の退官まで、フランス内務省の美術部門で勤務した[2]

Jean Ravenelの名前で美術展の批評を書くなどし、次第にバルビゾン派を世に知らせる役割を担っていった[2]

1869年、Ernest Feydeauとともに美術誌を創刊し、翌年の休刊まで、同誌に論文を寄せ、そのうちテオドール・ルソーの回顧は1872年に一冊の本となった。また、1873年にはGerorges Michelについての論文を発表、そしてジャン=フランソワ・ミレーの伝記を書き始めたが、死によって未完成に終わった。2人の友人ルソーとミレーの墓と並んで埋葬されている。遺稿はまとめられて1881年に出版された。

1873年5月9日、レジオンドヌール勲章を受章[1]

著作編集

  • 11 février 1878 (préface d'Étienne Charavay) [s.d.]
  • Étude sur Georges Michel, 1873
  • Journal de Rosalba Carriera pendant son séjour à Paris en 1720 et 1721, 1865
  • Olivier de Serres, agronome du XVIe siècle, sa vie, ses travaux, ses écrits (sous le pseudonyme de Reisnes), 1858
  • Souvenirs sur Th. Rousseau, 1872
  • La Vie et l'oeuvre de J.-F. Millet, 1881

脚注編集

  1. ^ a b Catherine Granger, « Sensier, Alfred », Dictionnaire critique des historiens de l’art actifs en France de la Révolution à la Première Guerre mondiale, Institut national de l'histoire de l'Art, 2 mars 2009
  2. ^ a b c d e Paul Mantz, « Alfred Sensier », La Vie et l'œuvre de Jean-François Millet, A. Quantin, 1881