メインメニューを開く

アルブレヒト・フォン・プロイセン (1837-1906)

アルブレヒト・フォン・プロイセン(Albrecht von Preußen, 1837年5月8日 - 1906年9月13日)は、プロイセン王国の王族・軍人。全名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ニコラウス・アルブレヒトFriedrich Wilhelm Nikolaus Albrecht)。プロイセン王子アルブレヒトの長男で、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世ヴィルヘルム1世の甥にあたる。軍人として陸軍元帥に任じられたほか、ブラウンシュヴァイク公国摂政(在職:1885年 - 1906年)を務めた。

アルブレヒト・フォン・プロイセン
Albrecht von Preußen
Albrecht von Preußen (1837–1906).jpg
出生 (1837-05-08) 1837年5月8日
Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦ベルリン
死去 (1906-09-13) 1906年9月13日(69歳没)
配偶者 マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク
子女 一覧参照
父親 プロイセン王子アルブレヒト
母親 マリアンネ・ファン・オラニエ=ナッサウ
役職 陸軍元帥
テンプレートを表示

生涯編集

アルブレヒトは1837年5月8日、アルブレヒトとその妃であったオランダ王ヴィレム1世の王女マリアンネ(1810年 - 1883年)の間に第2子としてベルリンで生まれた。1847年にプロイセン陸軍に入隊し、第一次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争では従兄のフリードリヒ・カール・フォン・プロイセンの指揮の下従軍した。1866年普墺戦争ではスカリッツの戦い・シュヴァインシェーデルの戦い・ケーニヒグレーツの戦いに参加した。さらに1870年普仏戦争でも近衛騎兵旅団を率いて戦った。

1885年オットー・フォン・ビスマルクによってアルブレヒトはヴィルヘルムの死去によって断絶したブラウンシュヴァイク公国の摂政に指名された。これはブラウンシュヴァイク公国を統治していたヴェルフェン家リューネブルク=ヴォルフェンビュッテル系の遠戚にあたるハノーファー家エルンスト・アウグスト(2世)が公位を継承するのを防ぐためだった(エルンスト・アウグスト2世の父であるハノーファー王ゲオルク5世は普墺戦争でオーストリア帝国側につき、敗れたハノーファーはプロイセンに併合されていた)。

子女編集