他の紀年法編集

※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。

カレンダー編集

できごと編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

誕生編集

死去編集

フィクションのできごと編集

  • 1月1日:1955年11月12日夜に発生した雷が飛行中のデロリアンに直撃したことにより、エメット・ブラウン博士がタイムスリップしてしまう。(バック・トゥ・ザ・フューチャー Part3
  • 9月1日:エメット・ブラウン博士が、1955年に取り残されたマーティ・マクフライに宛てて手紙を書いた日。この手紙は、「1955年11月12日夜10時頃、ヒルバレーのリヨン団地建設予定地にいるマーティ・マクフライという黒の革ジャンを着た少年に届けること。」という詳細な指示付きで郵便局に預けられ、70年間保管されることとなる。(バック・トゥ・ザ・フューチャー Part3
  • 9月2日:マーティ・マクフライが、1955年のエメット・ブラウン博士の協力を得て修理されたデロリアンで1955年11月16日からタイムスリップして来た日。1955年のブラウン博士が、タイムサーキットの目的時を未来の自分がマーティに手紙を書いた日の翌日にセットした。(バック・トゥ・ザ・フューチャー Part3
  • 9月7日:エメット・ブラウン博士が、馬に付けた蹄鉄を巡ってならず者のビュフォード・タネンとトラブルになり、彼に背後から銃で撃たれて死亡した日。マーティが1885年にタイムスリップして来たことで、この出来事は回避され、代わりにマーティがビュフォードと決闘をする。(バック・トゥ・ザ・フューチャー Part3