アルブレヒト7世 (メクレンブルク公)

アルブレヒト7世(Albrecht VII., 1486年7月25日 - 1547年1月5日)は、メクレンブルク公(在位:1503年 - 1520年)、メクレンブルク=ギュストロー公(在位:1520年 - 1547年)。また、スカンディナヴィアの王位に対する権利を主張した。

アルブレヒト7世
Albrecht VII.
メクレンブルク公
在位 1503年 - 1547年

出生 (1486-07-25) 1486年7月25日
死去 (1547-01-05) 1547年1月5日(60歳没)
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
メクレンブルク公領、ドベラーン・ミュンスター
配偶者 アンナ・フォン・ブランデンブルク
子女 本文参照
家名 メクレンブルク家
父親 メクレンブルク公マグヌス2世
母親 ゾフィー・フォン・ポンメルン=シュテティーン
テンプレートを表示

生涯 編集

メクレンブルク公マグヌス2世とゾフィー・フォン・ポンメルン=シュテティーンの息子である[1]

デンマークの内乱(伯爵戦争)において、自由都市リューベックはアルブレヒト7世をさまざまな派閥との同盟に参加させ、デンマーク王位を約束した。しかし、デンマーク王クリスチャン3世はなんとか自らの王位を守った。オルデンブルク伯クリストファおよびアルブレヒト7世は1535年から1536年にかけてコペンハーゲンで包囲され、最終的に降伏した。

結婚と子女 編集

1524年1月17日、ブランデンブルク選帝侯ヨアヒム1世の娘アンナ・フォン・ブランデンブルクと結婚した[1]。この結婚で以下の子女が生まれた。

脚注 編集

  1. ^ a b Heinz Maybaum: Albrecht VII.. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 1, Duncker & Humblot, Berlin 1953, ISBN 3-428-00182-6, S. 167 f. (電子テキスト版).

参考文献 編集

先代
マグヌス2世
バルタザール
メクレンブルク公
1503年 - 1520年
ハインリヒ5世およびエーリヒ2世と共治)
次代
(分割)
先代
ハインリヒ5世と共治)
メクレンブルク=ギュストロー公
1520年 - 1547年
次代
ヨハン・アルブレヒト1世