ゴットハルト・ケトラー

ゴットハルト・ケトラードイツ語:Gotthard Kettler、1517年 - 1587年3月28日)は、最後のリヴォニア騎士団総長(在任:1559年 - 1561年)、および最初のクールラント・ゼムガレン公(在位:1561年 - 1587年)。

ゴットハルト・ケトラー
Gotthard Kettler
クールラント・ゼムガレン公
Gotthard Kettler.jpg
在位 1561年 - 1587年

出生 1517年
アンレヒテ郊外
死去 1587年3月28日
Flag of courland.svg クールラント・ゼムガレン公国ミタウ
配偶者 アンナ・フォン・メクレンブルク
子女 アンナ
フリードリヒ
ヴィルヘルム
エリーザベト
家名 ケトラー家
父親 ゴットハルト・ケトラー
母親 ゾフィー・フォン・ネッセルローデ
宗教 キリスト教カトリックルター派
テンプレートを表示

生涯編集

ケトラーはドイツの貴族ゴットハルト・ケトラーとその妻ゾフィー・フォン・ネッセルローデの間の9番目の子供として、ヴェストファーレン地方のアンレヒテ郊外で生れた。一族はヴェストファーレンで古くから続く貴族の家柄だった。ケトラーの兄ヴィルヘルムは、1553年から1557年までミュンスター司教を務めている。

ケトラーは1554年にデュナブルクのコムトゥル(郡長)となり、1557年にフェリン(ヴィリャンディ)のコムトゥルとなった。リヴォニア戦争中の1559年、ヴィルヘルム・フォン・フュルステンベルクの後継者として、リヴォニア騎士団総長に就任した。リヴォニア連盟がロシアのツァーリ・イヴァン4世の強い圧力にさらされるようになると、ケトラーはこれに対抗してルター派プロテスタントに改宗し、それまでリヴォニア騎士団の治める修道院国家の一部だったクールラントゼムガレンを世俗化させた。そして1561年11月28日のヴィリニュス合同協定に基づき、ケトラーはポーランド王冠(まもなくポーランド・リトアニア共和国を形成する)の封土という形で、クールラント・ゼムガレン公国を創設し、自らその最初の統治者となった。

ケトラーは1587年に公国の首都ミタウ(イェルガヴァ)で死去した。彼の子孫は1737年までクールラントを支配した。

子女編集

1566年、ケトラーはメクレンブルク公アルブレヒト7世の娘アンナ(1533年 - 1602年)と結婚し、4人の子女をもうけた。

爵位・家督
先代:
ヨハン・ヴィルヘルム・フォン・フュルステンベルク
リヴォニア騎士団総長
1559年 - 1561年
次代:
世俗化による消滅
先代:
新しく創設
クールラント公
1561年 - 1587年
次代:
フリードリヒ・ケトラー