アルベール=エミール・アルティーグ

アルベール=エミール・アルティーグ(Albert-Émile Artigue、1850年8月15日 - 1927年4月16日)はアルゼンチンとフランスの国籍を持つ画家、版画家、イラストレータである。

アルベール=エミール・アルティーグ
Albert-Émile Artigue
誕生日 1850年8月15日
出生地 アルゼンチン,ブエノスアイレス
死没年 1927年4月16日
死没地 フランス,パリ
テンプレートを表示

略歴 編集

ブエノスアイレスに住むフランス人の両親から生まれた。15歳からフランスのボルドーで教育を受け、パリのエコール・デ・ボザールで、絵画をアレクサンドル・カバネルに学び、版画の技術も学んだ。1900年にブエノスアイレスに戻り、ブエノスアイレスの国立美術学校の教授となった。アルゼンチンではエミリオ・アルティーグ(Emilio Artigue)の名前で活動した。アメリカ合衆国の展覧会に出展し、1904年のセントルイス万国博覧会の展覧会では銀メダルを受賞した。1910年のアルゼンチン独立100周年記念国際博覧会(Exposición Internacional del Centenario)では美術のコミッショナーに任じられた。

1875年から1901年の間、パリのフランス芸術家協会の展覧会に出展し、フランスの雑誌「レスタンプ・モデルヌ(現代版画)」に版画作品が掲載された。アール・ヌーヴォーのスタイルで、飲料メーカーのポスターを制作した。パリにもスタジオを開き、後年パリの私立の美術学校、アカデミー・ジュリアンでも教えた。教えた学生にはジュール・カヴァイエス(Jules Cavaillès)らがいる。

作品 編集

参考文献 編集

  • Hans Vollmer: Artigue, Albert-Emile. In: Ulrich Thieme, Felix Becker (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 2: Antonio da Monza–Bassan. Wilhelm Engelmann, Leipzig 1908, S. 164
  • Emmanuel Bénézit (Begründer): Dictionnaire des peintres, sculpteurs, dessinateurs et graveurs, 3. Auflage, Gründ, Paris 1976, Band 1, S. 283