アルモノグイ州
アルモノグイ州旗
アルモノグイ州の州旗
アルモノグイ州の位置
パラオ国旗 パラオ
州都Imeong
ISOコードPW-227

アルモノグイ州(アルモノグイしゅう、英語:state of Ngeremlengui)は、パラオ共和国の一つ。

概要編集

バベルダオブ島西側に位置し、パラオの首都であるマルキョク州の西に隣接する。他にもガラスマオ州ガスパン州オギワル州エサール州にも隣接する。州内をガルミスカン川が流れているため土地が肥沃で、日本統治時代には南洋拓殖の拓殖移民事業の一環として「朝日村」「大和村」という日本人村が存在していた。

人口は350人で[1]、州都はImeongである。パラオ16州の中で面積が最大の州である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2015 Census of Population, Housing and Agriculture Tables (PDF)” (英語). Office of plannning and statistics, Ministry of Finance, Republic of Palau. p. 10. 2020年12月29日閲覧。

参考文献編集

  • 須藤健一監修『パラオ共和国 過去と現在そして21世紀へ』おりじん書房、2003年

座標: 北緯7度32分24秒 東経134度31分12秒 / 北緯7.54000度 東経134.52000度 / 7.54000; 134.52000