アルフレッド・レッティエリ

アル・レッティエリから転送)

アルフレッド・レッティエリ(Alfred Lettieri、通称:アル・レッティー (Al Lettier)、1928年2月24日 - 1975年10月18日)はアメリカ合衆国の俳優。

アルフレッド・レッティエリ
Alfred Lettieri
別名義 Al Lettier
アル・レッティー
生年月日 (1928-02-24) 1928年2月24日
没年月日 (1975-10-18) 1975年10月18日(47歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
テンプレートを表示

履歴編集

ニューヨーク州ニューヨーク市生まれ。高校時代に演劇に興味を持つようになり、リー・ストラスバーグに勧められ舞台俳優としてデビューする。その後にロサンゼルスで“Wild Seed”で映画にデビューしている。実際の最初の役は1958年『ペティ・マンション』で演じた逃亡中の看護師の患者のアーサー・ストロームの役であったが、同作品ではアンソニー・レティエールの名でクレジットされている。しかしながらその後は下積み生活が続く。

1972年公開の『ゴッドファーザー』でマーロン・ブランドアル・パチーノと共演。ヴィトー・コルレオーネを暗殺しようとしたバージル・ソロッツォの役を好演し注目を浴びる[1]

その後、『ゲッタウェイ』(1972年)でスティーブ・マックイーン[1]、『マジェスティック』(1974年)でチャールズ・ブロンソン[2]、『マックQ』(1974年)でジョン・ウェインと共演。1972年にはギャング映画リチャード・バートンイアン・マクシェーンと共演した『Villain』のために脚本の作成に加わっている。

やっと芽が出るようになったが、これからという1975年、心臓発作で2人の子供を残して47歳の若さで早世した。

トリビア編集

レッティエリは生涯にギャング作品に出演したが、実際に彼の周辺にはマフィアの影がちらつく。例えば姉のジェーンはマフィアの構成員パスクアーレ・エボリーと結婚している。彼はニューヨーク五大ファミリーの一つジェノヴェーゼ一家のボストーマス・エボリの舎弟であった[3]

出演編集

脚注編集

  1. ^ a b “Notes on Lettieri”. The Sumter Daily Item. (1973年9月25日). http://news.google.com/newspapers?id=i2giAAAAIBAJ&sjid=VqoFAAAAIBAJ&pg=6279,3210655&dq=al-lettieri&hl=en 2012年9月21日閲覧。 
  2. ^ “'Mr. Majestyk' is more violence, more sexism”. The Miami News. (1974年8月8日). http://news.google.com/newspapers?id=sNUlAAAAIBAJ&sjid=1PMFAAAAIBAJ&pg=1440,3204164&dq=al-lettieri&hl=en 2013年9月15日閲覧。 
  3. ^ "Meadow Soprano on Line One!" by Mark Seal, Vanity Fair, 26 February 2013