アレクサンドラ・ブンスアイ

ラオスの歌手、ヴァイオリニスト、俳優

アレクサンドラ・ブンスアイAlexandra Bounxouei, 1987年 - )、ラオス歌手ヴァイオリニスト女優

出生編集

ブルガリアラオス国立音楽舞踊大学副学長の父と、同大学のブルガリア人ピアノ講師の母の間に生まれた。

経歴編集

2002年に初アルバムを発売し、現在ではラオスを代表する歌手になっている。2007年にはタイのテレビドラマで女優デビューを果たした。

2005年には愛知万博のために来日しており、2008年4月からは慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科に留学するなど、日本とのかかわりも深い。

エピソード編集

タイのテレビ局のインタビューで「ラオスに生まれて残念だ」と発言したといううわさが広がり、非難の的となったことがあるが、ブンスアイがそのような発言をしたという事実はない[1]

主な作品編集

参加作品編集

  • 16 Voices - 「ひとり ひとつ」(2015年10月1日)[2]

脚注編集

  1. ^ ラオス悠久多彩文化の国
  2. ^ 青年海外協力隊50周年ソングを川嶋あい、乙武洋匡、倉木麻衣、宮沢和史ら16組歌う”. 音楽ナタリー (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。