メインメニューを開く
アレクサンドロス・コリジス(1941年)

アレクサンドロス・コリジスギリシア語: Αλέξανδρος Κορυζής1885年 - 1941年4月18日)は、ギリシャ王国の政治家。1941年に短期間ギリシャの首相を務めた(在任:1941年1月29日 - 1941年4月18日)。

略歴編集

1885年、ギリシャのポロス島で生まれた。

ギリシャ・イタリア戦争の最中の1941年1月29日、ギリシャの首相で独裁者のイオアニス・メタクサスが死亡すると、権力を掌握した国王ゲオルギオス2世は元ギリシャ銀行総裁であるアレクサンドロス・コリジスを傀儡の首相に任命した。就任してすぐの2月22日にゲオルギオス2世やギリシャ軍最高司令官アレクサンドロス・パパゴスらとともにイギリス代表との会議を開催、支援を確保した。

しかし、4月6日にドイツ軍が侵入するとギリシャ軍は対抗できず退却を続けた。18日にナチス・ドイツアテネを攻撃したが、同じ日に死亡した。当初は混乱を避けるために心筋梗塞であると発表されたが、後に拳銃自殺であると判明した[1]

出身地であるポロス島では、コリジスの一生と貢献を記録した博物館がある。

脚注編集

  1. ^ “Thermopylae Stand Expected by Nazis”. The Milwaukee Star-Journal (Milwaukee): p. 1. (1941年4月20日). オリジナルの1941年4月20日時点によるアーカイブ。. http://news.google.com/newspapers?nid=1499&dat=19410420&id=XgUaAAAAIBAJ&sjid=syIEAAAAIBAJ&pg=6211,1631125 2009年6月17日閲覧。 

関連項目編集