メインメニューを開く

アレクシウス・マイノング・リッター・フォン・ハントシュースハイム: Alexius Meinong Ritter von Handschuchsheim1853年7月17日1920年11月27日)は、オーストリア哲学者心理学者フランツ・ブレンターノに影響され、対象論 (: Gegenstandstheorie) という立場の哲学を表明した。

アレクシウス・マイノング
Alexius Meinong
生誕 (1853-07-17) 1853年7月17日
レンベルク
死没 (1920-11-27) 1920年11月27日(67歳没)
グラーツ
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
テンプレートを表示

経歴編集

オーストリア帝国のレンベルク (現ウクライナリヴィウ) に生まれる。ウィーンで学び、1874年にウィーン大学で歴史学の博士号を取得した後、ブレンターノの指導の下1878年に同大学で哲学の教授資格を取得した。ウィーン大学で私講師を務め、1882年にグラーツ大学の哲学教授に員外教授として就任し、1889年正教授に昇進した。1894年にはオーストリアで最初の実験心理学研究室をグラーツ大学に設立した。アロイス・ヘフラーエルンスト・マリーらを指導し、グラーツ学派を形成した。

主な著作編集

  • "Hume Studien I. Zur Geschichte und Kritik des modernen Nominalismus." Wien 1877.
  • "Hume Studien II. Zur Relationstheorie." Wien 1882.
  • Über philosophische Wissenschaft und ihre Propädeutik. Wien 1885.
  • Psychologisch-ethische Untersuchungen zur Werth-Theorie. Graz 1894.
  • "Über Gegenstandstheorie." Leipzig 1904.
    • 『對象論に就いて』三宅実訳、岩波書店、1930年。
  • Über die Stellung der Gegenstandstheorie im System der Wissenschaften. Leipzig 1907.
  • Über Annahmen. Leipzig 1902/1910.
  • Über Möglichkeit und Wahrscheinlichkeit. Beiträge zur Gegenstandstheorie und Erkenntnistheorie. Leipzig 1915.
  • "Über emotionale Präsentation." Wien 1917.
  • "Zum Erweise des allgemeinen Kausalgesetzes." Wien 1918.

関連項目編集

外部リンク編集