アレゲニー川(アレゲニーがわ、英語: Allegheny River)は米国ペンシルベニア州アレゲニー山地に源を発して、一時ニューヨーク州に入り、またペンシルベニア州に戻り、ピッツバーグモノンガヒラ川と合流してオハイオ川となる全長523kmの川である。

流域
ハイランドパーク橋がアレゲニー川を跨ぐ

ピッツバーグ近くでは便利な舟運を利用して、鉄工所などの工場が多い[1]

アレゲニーという名称はこの地方の原住民レナペ族のある部族の名前(Allegewi)、またはその言葉で「もっとも美しい流れ」という意味など諸説がある。


脚注編集

  1. ^ アレゲニー川(NASA World Wind - Google Worldの旅)