アンガラ航空200便着陸失敗事故

アンガラ航空200便着陸失敗事故(アンガラこうくう200びんちゃくりくしっぱいじこ)は2019年6月27日に発生した航空事故である。ニジニアンガルスク空港英語版バイカル国際空港行きだったアンガラ航空200便(アントノフ An-24RV)が、離陸時にエンジン故障を起こし、ニジニアンガルスク空港に引き返した。着陸時に機体は滑走路を逸脱し、建物に衝突し炎上した。乗員乗客47人中2人が死亡した。

アンガラ航空 200便
Angara Airlines RA-47366 wreckage.png
事故機の残骸
事故の概要
日付 2019年6月27日
概要 調査中
現場 ロシアの旗 ロシア ブリヤート共和国ニジニアンガルスク空港英語版
乗客数 43
乗員数 4
負傷者数 22
死者数 2
生存者数 45
機種 アントノフ An-24RV
運用者 ロシアの旗 アンガラ航空
機体記号 RA-47366
出発地 ロシアの旗 ニジニアンガルスク空港英語版
目的地 ロシアの旗 バイカル国際空港
テンプレートを表示

事故機編集

 
SAT航空での運用中に撮影された事故機

事故機のアントノフ An-24RV(RA-47366)は、MSN77310804として1977年に製造された[1]

事故の経緯編集

200便がニジニアンガルスク空港英語版から離陸した後左エンジンが故障した[2]。パイロットは空港への引き返しを決定した[1]現地時間10時20分に、機体は滑走路に着陸した。しかし、滑走路を右に逸脱し下水処理施設に衝突した。搭乗していた47人の内、機長と航空機関士が死亡し、22人が負傷した。衝突により火災が発生し、機体は全損となった[1][3]

事故調査編集

国家間航空委員会(MAK)が事故調査を開始した[2]。同時に犯罪捜査も開始された[4]

脚注編集

  1. ^ a b c RA-47366 Accident description”. Aviation Safety Network. 2019年6月27日閲覧。
  2. ^ a b Hradecky, Simon. “Accident: Angara AN24 at Nizhneangarsk on Jun 27th 2019, engine failure, veered off runway and collided with building”. Aviation Herald. 2019年6月27日閲覧。
  3. ^ Live Updates: Airplane Emergency Landing in Russia's Nizhneangarsk”. Sputnik. 2019年6月27日閲覧。
  4. ^ 2 Killed, 7 Injured as Russian Plane Makes Emergency Landing in Siberia”. Moscow Times. 2019年6月27日閲覧。