メインメニューを開く

アンジェイ・ムンクAndrzej Munk, 1929年10月16日 - 1961年9月20日)は、ポーランド映画監督

アンジェイ・ムンク
Andrzej Munk
生年月日 (1929-10-16) 1929年10月16日
没年月日 (1961-09-20) 1961年9月20日(31歳没)
出生地 クラクフ
死没地 ウォヴィチュ
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
テンプレートを表示

略歴編集

クラクフに生まれる。第二次世界大戦中にドイツがポーランドを侵略した際、ユダヤ系であったためにワルシャワに移り隠れ住んだという。ワルシャワ蜂起に参加するも鎮圧され、クラクフに戻りロープウェイの管理人として働く。

戦後はワルシャワ工科大学で建築を学ぶが健康を害してそこを去り、ワルシャワ大学で法律を学ぶ。更にウッチに移り、そこの演劇・映画学校で学ぶ。1951年に卒業した後はカメラマンとなる。数年の間はドキュメンタリー短編作品を制作。

1957年、『鉄路の男』で監督デビュー。以降、『エロイカ』などを発表しアンジェイ・ワイダと並ぶポーランド派の双璧とみなされたが、1961年、ホロコースト映画『パサジェルカ』を撮影するために訪ねていたアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所から自宅に戻る途中、ウォヴィチュの近くで自動車事故による不慮の死を遂げる。

主な監督作編集

脚注編集

外部リンク編集