アンティオコス4世 (コンマゲネ)

ガイウス・ユリウス・アンティオコス4世・エピファネス(Gaius Julius Antiochus IV Epiphanes、古代ギリシア語: Γάιος Ἰούλιος Ἀντίοχος ὀ Ἐπιφανής、17年以前 - 72年以降)は、コンマゲネの最後の王であり、ローマ帝国のクライアントキングとして38年から72年の間在位した。「エピファネス」という名前は「栄誉」を意味する。

アンティオコス4世
アンティオコス4世が描かれたコイン。

在位期間
38年 - 72年
(34年)
先代 アンティオコス3世
次代 なし
(王国滅亡)

出生 17年以前
死亡 72年以降
ローマ帝国ローマ
実名 ガイウス・ユリウス・アンティオコス4世・エピファネス
父親 アンティオコス3世
母親 アイオータパ
配偶者 ユリア・アイオータパ
子女
ガイウス・ユリウス・アルケラオス・アンティオコス・エピファネス
カリニコス英語版
ユリア・アイオータパ英語版
テンプレートを表示

生涯編集

アンティコス4世は、コンマゲネ王室の王子として生まれた。彼の両親であるアンティオコス3世アイオータパは、全血の兄弟姉妹同士での結婚だった。若いアンティオコス4世もまた、全血の姉妹であるユリア・アイオータパと結婚した。アンティオコス4世は、アルメニア人[1]ギリシャ人メディア人の血統だった。

脚注編集

  1. ^ Chahin, Mark (2001). The Kingdom of Armenia. Routledge. pp. 190–191. ISBN 0-7007-1452-9 

外部リンク編集