アイオータパ (アンティオコス3世の妻)

アイオータパ(Iotapa、紀元前20年頃 - ?)は、ミトリダテス3世の娘。彼女は王で兄弟のアンティオコス3世と結婚した後、コンマゲネの王妃として君臨した。

生涯編集

彼女はミトリダテス3世アイオータパの娘であり、アルメニアとギリシアとメディア王国の血を引いていた。

彼女は兄弟のアンティオコス3世と結婚した。兄弟との結婚を通して、彼女は王子アンティオコス4世と王女ユリア・アイオータパという2人の子供を産んだ。

アンティオコス3世は起源17年に死去するが、彼の死は王国に不安を引き起こした。

ティベリウスは、コンマゲネをローマのシリア属州の一部とすることを決定した。 ティベリウスが下した決定は、多くのコンマゲネ市民によって歓迎されたが、一部の人々、特に王族はこの結果に不満を抱いていた。 コンマゲネ併合後のアイオータパの行方は不明である。 彼女の子供たちはローマで育った後、 紀元38年に、ローマ皇帝カリグラによって再度王に任命された[1]

出典編集

参考文献編集

  • Mavors.org - Commagene
  • Tacitus - Annals of Imperial Rome, Part One: Tiberius, Chapter 4, First Treason Trials
  • Roller, Duane W. (1998). The Building Program of Herod the Great. University of California Press. ISBN 0-520-20934-6 
  • Chahin, Mark (2001). The Kingdom of Armenia. Routledge. pp. 190–191. ISBN 0-7007-1452-9