アンテフ5世(Intef V, 在位:紀元前1573年頃? - 紀元前1571年頃)は、古代エジプト第17王朝の第3代あるいは4代ファラオ(王)。史料によってはアンテフ6世とも呼ばれる。即位名はセケムラー・ウェプマアト。

アンテフ5世(6世)
Intef V (VI)
セケムラー・ウェプマアトのサルコファガス(ルーヴル美術館蔵)
セケムラー・ウェプマアトのサルコファガス(ルーヴル美術館蔵)
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前1573年頃? - 紀元前1571年頃,エジプト第17王朝
前王 セベクエムサフ1世またはセベクエムサフ2世
次王 アンテフ6世(7世)
セケムラー・シェドタウイ・セベクエムサフ

概要編集

家族構成編集

第17王朝時代の神殿に残された碑文から、後継者のアンテフ6世とは兄弟だったとされる。また、別の碑文から、二人が同じ王朝のセケムラー・シェドタウイ・セベクエムサフ(セベクエムサフ1世もしくは2世)の息子であった事も判明している[1]

名前について編集

セケムラー・ウェプマアト・アンテフがアンテフの名前で呼ばれた何人目の王であるかは、第二中間期の歴史的史料が乏しいこともあり、正確には分かっていない。多くの研究者は、暫定的にアンテフ5世もしくは6世と呼んでおり、この記事では『全系図付エジプト歴代王朝史』に従ってアンテフ6世と表記しているが、今後の発見次第ではさらに数字が繰り上げられる可能性がある。

王墓編集

王墓は発見されていないが、2001年にドゥラ=エブ=ナガで発見されたアンテフ6世の墓の近くにあると思われる。アンテフ5世の名前が刻まれたピラミディオンが見つかっており、彼の墓の上に築かれていたピラミッドに使われていたと思われる。また、アンテフ6世によって埋葬が行われたことを示す碑文とともに見つかったルーヴル美術館に所蔵されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

参考文献編集

  • エイダン・ドドソン、ディアン・ヒルトン『全系図付エジプト歴代王朝史』池田裕訳、東洋書林、2012年5月。ISBN 978-4-88721-798-0
  • K.S.B. Ryholt, The Political Situation in Egypt during the Second Intermediate Period, c.1800-1550 BC (Carsten Niebuhr Institute Publications, vol. 20. Copenhagen: Museum Tusculanum Press, 1997).

外部サイト編集

先代:
セベクエムサフ1世
またはセベクエムサフ2世
古代エジプト王
前1573年頃 - 前1571年頃
次代:
アンテフ6世