アントニオ・ドラーギ

アントニオ・ドラーギAntonio Draghi, 1634年1635年 - 1700年1月16日)は、バロック音楽作曲家

アントニオ・ドラーギ
Antonio Draghi
生誕 1634年か1635年
イタリアの旗 イタリア、リミニ
出身地 イタリアの旗 イタリア
死没 1700年1月16日
 オーストリア、ウィーン
職業 作曲家
活動期間 バロック

イタリアのリミニに生まれる。彼は、当時の多作な作曲家の一人で、イタリアのオペラの発展に重要な貢献をした。彼の音楽家としてのスタートは、パドヴァでの少年聖歌隊員だった。1657年ヴェネツィアで上演されたオペラ「La fortuna di Rodope e di Damira」で、はじめて舞台で歌った。1666年、オペラ「La Mascherata(仮面舞踏会)」では独唱を勤めた。

1668年、ドラーギはウィーン神聖ローマ皇帝レオポルト1世の宮廷に招かれ、死ぬまでそこにとどまった。