メインメニューを開く
アントーニオ・ベルトローニ

アントーニオ・ベルトローニ(Antonio Bertoloni、1775年2月12日 - 1869年4月17日)は、イタリア植物学者博物学者医師である。

生涯編集

サルザーナに生まれた。パヴィア大学で医学を学び、後にジェノヴァに移り、1796年に卒業した。故郷で医師を開業したが、すぐに ジェノヴァで植物を研究することにした。1815年にボローニャ大学の植物学の教授になった。主著は『イタリアの植物』("Flora italica sistens plantas in Italia et in insulis circumstantibus sponte nascentes")で20年以上の研究の成果の10巻の著書である。

ラン科のオフリス属の種、Ophrys bertoloniiノボタン科のベルトローニア属Bertolonia献名されている。

著書編集

  • Rariorum Italiane plantarum decas tertia. Accedit speciment zoophytorum Portus Lunae, Prospero, Pisa 1810.
  • De re herbaria, dei Nobili, Bologna 1820.
  • Praelectiones rei herbariae quae et prolegomeni ad floram italicam, Masi, Bologna 1827.
  • Flora italica sistens plantas in Italia et in insulsi circumstantibus sponte nascentes, 10 voll., Masi, Bologna 1833-1854.
  • Plantae novae vel minus cognitae horti botanici bononiensis, 2 voll., Tiocchi, Bologna 1838.
  • Flora italica cryptograma, 2 voll., Tip. Cenerelli, Bologna, 1858-1862.

参考文献編集

  • V. Cesati, Cenni biografici sovra Antonio Bertoloni e Giuseppe Giacinto Moris, Tip. Regia Accademia delle Scienze, Napoli 1881.
  • G. Sforza (a cura di), Lettere erudite di Antonio Bertoloni sarzanese, Canovetti, Lucca 1876.
  • E. Mattiuzzi, Alcuni cenni sul prof. Antonio Bertoloni naturalista, medico e matematico e sulla famiglia di lui, estratto da «Il Comune di Bologna» (n° 9-10 del 1927), Tip. Mareggiani, Bologna 1927.
  • W. Rossi, Antonio Bertoloni tra storia della botanica e storia del servizio postale, in «Informatore botanico italiano», XXIII (1991), n° 2-3, pp. 171-179.