他の紀年法編集

この節は、ウィキプロジェクト 紀年法ガイドラインに基づいて記述されています。この節に大きな変更を加える場合には、あらかじめ上記プロジェクトのノートで提案し、合意を形成してください。

できごと編集

誕生編集

死去編集

科学に関する出来事編集

  • 5月25日 - ジョゼフ・プリーストリーが空気から酸素の分離の報告を王立協会で発表した。
  • イギリスの外科医、パーシヴァル・ポットがロンドンの煙突掃除人に陰嚢がんの多いことを報告し、すすがその原因であると推論した。これは化学物質が発癌の原因であることを示す最初の研究であった。
  • ヨハン・ファブリチウスの「動物誌」Systema entomologiæが出版された。
  • カールステン・ニーブールによってアラビアで病死した博物学者、ペール・フォルスコールの『エジプト-アラビア植物誌』(Flora Ægyptiaco-Arabica sive descriptiones plantarum quas per Ægyptum Inferiorem et Arabiam felicem detexit)などが出版された。