アンドライモーン

アンドライモーン古希: Ἀνδραίμων, Andraimōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してアンドライモンとも表記される。主に、

のほか、数名が知られている。以下に説明する。

カリュドーンの王編集

このアンドライモーンは、カリュドーンの王オイネウスの娘ゴルゲーの夫で[1][2]トアースの父である[3][4][5][6]。一説にヘーラクレイダイを助けたオクシュロスの父[7]

アグリオスの息子たちはオイネウスを幽閉し、王権を自分たちの父に与えたが、後にディオメーデースアルクマイオーンはアグリオスの息子たちを討ち、オイネウスを解放した。このとき、彼らはオイネウスの王権をアンドライモーンに与えたという[8]。死後、アンドライモーンとゴルゲーは同じ墓に葬られた[2]

なお、子のトアースはトロイア戦争におけるギリシア軍の武将の1人。

コドロスの子編集

このアンドライモーンは、ピュロスの王ネーレウスの子ペリクリュメノスの子孫で、アテーナイの王コドロスの子[9]メドーン、ネイレウス[10]アンドロクロス[11]、キュアレートス[12]、ダマシクトーン、プロメーテス[13]、ダマソス、ナオクロスと兄弟[14]

父コドロスの死後、メドーンを除く息子たちはイオーニアー人を率いて小アジアイオーニアー地方に入植し[10][15]、アンドライモーンはレベドスに住むカーリア人を追い払って王となった。アンドライモーンの墓がカラオーン河の近くにあったという[16]

オクシュロスの子編集

このアンドライモーンは、オクシュロスの子である[17]オイカーリアーの王エウリュトス[18]あるいはドリュオプスの娘ドリュオペーと結婚し[17]アムピッソスをもうけた[18][17]

オウィディウスの『変身物語』によると、妻ドリュオペーはニュムペーローティスが変身したの花を手折ったために樹に変じた。『変身物語』では義理の父エウリュトスとともに妻を探すアンドライモーンの姿が描かれている[18]アントーニーヌス・リーベラーリスによると、ドリュオペーはハマドリュアス(樹木のニュムペー)に非常に愛された女性であったため、後に彼女たちに攫われてニュムペーとなった。またアムピッソスの本当の父親はアポローン神であったという[17]

その他のアンドライモーン編集

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、1巻8・1。
  2. ^ a b パウサニアス、10巻38・5。
  3. ^ アポロドーロス、摘要(E)3・12-3・13。
  4. ^ イーリアス』2巻。
  5. ^ オデュッセイア』14巻。
  6. ^ パウサニアス、5巻3・7。
  7. ^ アポロドーロス、2巻8・3。
  8. ^ アポロドーロス、1巻8・6。
  9. ^ パウサニアス、7巻3・5。
  10. ^ a b パウサニアス、7巻2・1。
  11. ^ パウサニアス、7巻2・8。
  12. ^ パウサニアス、7巻2・10。
  13. ^ パウサニアス、7巻3・3。
  14. ^ パウサニアス、7巻3・6。
  15. ^ パウサニアス、7巻2・3。
  16. ^ パウサニアス、7巻・3・5。
  17. ^ a b c d アントーニーヌス・リーベラーリス、32話。
  18. ^ a b c オウィディウス『変身物語』9巻329行-393行。
  19. ^ シケリアのディオドロス、4巻53・2。
  20. ^ アポロドーロス、摘要(E)7・27。

参考文献編集