アンドリス・ベールジンシュ (ラトビアの首相)

ラトビアの政治家

アンドリス・ベールジンシュラトビア語: Andris Bērziņš1951年8月4日 - )は、ラトビアの政治家。政党「ラトビアの道」に所属している。

アンドリス・ベールジンシュ
Andris Bērziņš
Flickr - Saeima - 9.Saeimas deputāts Andris Bērziņš (LPP-LC).jpg
アンドリス・ベールジンシュ(2004年9月)
生年月日 (1951-08-04) 1951年8月4日(69歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ラトビア・ソビエト社会主義共和国の国旗 ラトビア・ソビエト社会主義共和国リガ
所属政党 ラトビアの道

在任期間 2000年5月5日 - 2002年11月7日
大統領 ヴァイラ・ヴィーチェ=フレイベルガ
テンプレートを表示

リガ出身[1]。1993年から1994年まで労働相を、1994年から1995年まで副首相兼厚生相を、1997年から2000年までリガ市長を歴任した。2000年5月5日にヴァイラ・ヴィーチェ=フレイベルガ大統領から首相に指名され、2002年11月7日までその職にあった。

国際ラウル・ワレンバーグ協会の名誉会員である。

脚注編集

  1. ^ CV ANDRIS BERZINS”. World Bank. 2010年4月5日閲覧。
公職
先代:
マーリス・プルガイリス
リガ市長
1997年 – 2000年
次代:
アンドリス・アールガリス
先代:
アンドリス・シュチェーレ
ラトビアの首相
2000年5月5日 – 2002年11月7日
次代:
エイナルス・レプシェ