メインメニューを開く

アンドレイ・チュヴィラエフ

アンドレイ・チュヴィラエフロシア語: Андрей Чувиляев, ロシア語ラテン翻字: Andrei Chuvilaev, 1978年5月23日 - )は、ロシアモスクワ出身の男性フィギュアスケート選手。2001年、2003年冬季ユニバーシアード競技大会優勝。パートナーはヴィクトリア・ボルゼンコワオルガ・セムキナ

Pix.gif アンドレイ・チュヴィラエフ
Andrei Chuvilaev
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: (1978-05-23) 1978年5月23日(40歳)
出生地: ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
身長: 200 cm
元パートナー: ヴィクトリア・ボルゼンコワオルガ・セムキナ
元コーチ: タマラ・モスクビナオクサナ・カザコワ
元振付師: リュドミラ・コブロワ
引退: 2006年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 151.20 2003 ロシア杯
ショートプログラム: 52.88 2003 ロシア杯
フリースケーティング: 99.30 2004 エリック杯

目次

経歴編集

ロシアのモスクワに生まれ、6歳のころにスケートを始めた。1996-1997年シーズンにはオルガ・セムキナとペアを結成し、ネーベルホルン杯およびカールシェーファーメモリアルで2位、1997年冬季ユニバーシアード競技大会で3位となるなどしたが解散。1999年にヴィクトリア・ボルゼンコワとペアを結成した。なお、新たなパートナーのヴィクトリア・ボルゼンコワは、身長が168センチメートルとペアスケーターとしては大柄な選手であったが、アンドレイ・チュヴィラエフ自身も身長が200センチメートルあり、大柄ペアとして注目を集めた。

2000-2001年シーズン、冬季ユニバーシアード競技大会で優勝し、翌2001-2002年シーズンからISUグランプリシリーズに参戦した。グランプリシリーズでは一度も表彰台に上ることはなかったが、ユニバーシアードでは2連覇を達成する。2004-2005年シーズン、ISUグランプリシリーズから除外されたボフロスト杯で優勝。2005-2006年シーズン、ロシア選手権で5位となりトリノオリンピック代表に選出されることはなかった。同シーズン終了後に引退。

主な戦績編集

大会/年 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06
世界選手権 15
欧州選手権 7
ロシア選手権 4 6 5 4 4 4 5
GPNHK杯 4
GPスケートカナダ 6 6 5
GPエリック杯 6 7 4
GPロシア杯 6
ボフロスト杯 1
ユニバーシアード 1 1
フィンランディア杯 2
ネーベルホルン杯 5

詳細編集

2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年12月1日-4日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 3
49.14
4
89.28
4
138.42
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ 5
49.70
4
91.82
5
141.52


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 4
49.66
4
99.30
4
148.96
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファックス 6
47.92
6
96.10
6
144.02


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 6
52.88
6
98.32
6
151.20
2003年11月14日-16日 ISUグランプリシリーズ ラリック杯パリ 5
51.62
7
92.13
7
143.75


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年11月14日-17日 ISUグランプリシリーズ ラリック杯パリ 6 6 6
2002年10月4日-6日 2002年フィンランディア杯ヘルシンキ 4 1 2

外部リンク編集