アンドレイ・フセヴォロドヴィチ・パリボク: Андрей Всеволодович Парибок, 1952年9月4日 - )は、ロシア生まれの東洋学者。古代インドの言語、哲学、パーリ語を専門とする。文献学博士(「パーリ語動詞のシステム」)。

アンドレイ・パリボク
生誕 (1952-09-04) 1952年9月4日
研究分野 文献学
主な業績 パーリ語
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

2000年までロシア科学アカデミー東洋学研究所、2000年からサンクトペテルブルク国立大学で教鞭を揮う。

パーリ語、サンスクリット語ヒンディー語などの東洋の言語に精通し、特にパーリ語についてはロシアの第一人者である。

インド哲学言語学仏教について50の著作がある。また、パーリ語から「ミリンダ王の問い」を翻訳する他、フランス語ドイツ語、サンスクリット語からロシア語への翻訳も行っている。