アンドレ・カイパース(André Kuipers、1958年10月5日-)はオランダ医師欧州宇宙機関宇宙飛行士である。2004年4月19日にソユーズTMA-4宇宙を訪れ、オランダの市民権を持つ者として2人目、オランダ産まれの者として3人目、オランダ語話者として5人目の宇宙を訪れた人物となった。11日後、ソユーズTMA-3で地球に帰還した。

アンドレ・カイパース
André Kuipers
2013年のアンドレ・カイパース
ESA 宇宙飛行士
国籍 オランダ
現況 引退
生誕 (1958-10-05) 1958年10月5日(65歳)
アムステルダム
他の職業 医師
宇宙滞在期間 203日15時間50分
選抜試験 1998 ESA Group
ミッション ソユーズTMA-4/TMA-3, ソユーズTMA-03M (第30次31次長期滞在)
記章

カイパースは、宇宙を2度訪れた最初のオランダ人となった。2009年8月5日、オランダのマリア・ファン・デル・ホーフェン経済大臣は、第30次31次長期滞在として国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士に選ばれたと発表した。2011年12月21日に打ち上げられ、翌年の7月1日に地球に帰還した[1][2]

私生活と教育

編集

カイパースは、1958年10月5日にアムステルダムに生まれ、1977年にアムステルダムの高校を卒業した。1987年にはアムステルダム大学で医学の学位を取得した。既婚で3人の娘と1人の息子がいる[3]

若年時代に関するインタビューを受けた際、10代の頃から宇宙飛行士になることを夢見ていたと述べた[4][5]。1998年にw:European Astronaut Corpsにより宇宙飛行士に選ばれ、彼の夢は実現した。

宇宙飛行経験

編集

カイパースは、2度の宇宙飛行ミッションに参加した。1度目は2004年のデルタミッションである。2009年5月には、後に第21次長期滞在の船長となるベルギー人宇宙飛行士フランク・ディヴュナーの6ヶ月間のミッションの後半のバックアップを務めた。2011年12月21日には、第30次、31次長期滞在のため、2度目の宇宙に出発し、翌年の7月1日に地球に帰還した[6]

デルタミッション

編集

打上げとドッキング

編集

ソユーズFGロケットに搭載したソユーズTMA-4を用いて、カイパースとゲンナジー・パダルカ、NASAのマイケル・フィンケは、2004年4月19日の早朝にISSを目指して地球を出発した。2日後、完璧な状態でISSにドッキングした。

実験

編集

デルタミッションの一環として、カイパースは、生理学、生物学、微生物学、医学、技術開発、物理学、地球観測等の広範な分野[7]の21の実験を実施した[8]。技術開発分野の実験の1つは、よりエネルギー効率の良い発光法の開発だった。いわゆるArgesプロジェクトはメタルハライドランプに関するプロジェクトであり、アイントホーフェン工科大学フィリップスが主導した。恐らく最もよく知られた実験は、宇宙における植物種子の成長に関する実験である。オランダ国内の小学校の子供たちと一緒に、軌道上で育った植物と地上で育った植物の比較を行った。

着陸

編集
 
Kuipers looking at Earth from the International Space Station in 2004

パダルカとフィンケは、第9次長期滞在の乗組員として6か月間に渡ってISSに残った。

カイパースは、ISSでの6か月間の滞在を終えたアレクサンドル・カレリとNASAのマイケル・フォールとともに、打上げから約11日後の4月30日に地球に帰還した。

第30次/31次長期滞在

編集
 
Kuipers experimenting with a water drop in weightlessness in 2012

2008年11月26日、オランダのマリア・ファン・デル・ホーフェン経済大臣は、1011年にカイパースが2度目の宇宙飛行で6か月間宇宙に滞在すると発表した[9]。同じスピーチで、彼女はISSプロジェクトに対し、追加で数百万ユーロの支援を行うことを発表した[9]

カイパースは、第30次/31次長期滞在への参加が決定した初の宇宙飛行士となり、2011年12月21日にソユーズTMA-03Mで、オレグ・コノネンコ、NASAのドナルド・ペティとともに打ち上げられた。12月23日にソユーズがミニ・リサーチ・モジュール1とドッキングし、ISSに到着した。ソユーズTMA-03Mは、2012年7月1日にカザフスタンステップ地帯に着陸し、彼らは地球に帰還した[10]

受章等

編集

出典

編集
  1. ^ ESA astronaut André Kuipers to spend six months on the ISS starting in 2011”. 2014年12月9日閲覧。
  2. ^ Chow, Denise. “Space station trio heading back to Earth in Russian capsule”. MSNBC. http://www.nbcnews.com/id/48030438 2014年12月9日閲覧。 
  3. ^ André Kuipers”. 2008年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ2008年1月27日閲覧。
  4. ^ Preflight Interview: Andre Kuipers” (英語). NASA (2011年11月1日). 2023年2月9日閲覧。
  5. ^ Dutch Astronaut André Kuipers – a two-part interview” (2005年12月25日). 2023年11月21日閲覧。
  6. ^ NASA – Expedition 31”. 2012年5月14日閲覧。
  7. ^ Dutch ESA astronaut goes to ISS with hefty package of scientific experiments”. 2008年11月26日閲覧。
  8. ^ List of Experiments”. 2008年11月26日閲覧。
  9. ^ a b Kuipers moet uiterlijk in 2011 de ruimte in” (オランダ語). 2011年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月21日閲覧。
  10. ^ Klotz, Irene (2011年12月23日). “New crew arrives at International Space Station”. Reuters. オリジナルの2012年1月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120109020517/http://af.reuters.com/article/southAfricaNews/idAFN1E7BM09720111223 2011年12月23日閲覧。 
  11. ^ André Kuipers in de ruimte – website www.volkskrant.nl
  12. ^ a b Opnieuw koninklijke onderscheiding Kuipers – www.nu.nl
  13. ^ UvA viert 381ste Dies Natalis - website www.uva.nl
  14. ^ OOG Dinsdag: André Kuipers krijgt Poetins vriendschapsmedaille - NOS Nieuws”. 2014年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月3日閲覧。 – website www.nos.nl

外部リンク

編集