アンドレ=シャルル・ヴォワユモ

アンドレ=シャルル・ヴォワユモ(André Charles Voillemot 、1823年12月9日または12月13日 - 1893年4月9日)はフランスの画家である。

アンドレ=シャルル・ヴォワユモ
André Charles Voillemot
André Charles Voillemot.png
自画像
生誕1823年12月
フランス,パリ
死没1893年4月9日
フランス,パリ

略歴編集

パリで生まれた。パリのエコール・デ・ボザールで、ミシェル・マルタン・ドロランに学んだ[1]。1845年にサロン・ド・パリに初めて出展し、1850年代から1870年代の間、サロン・ド・パリに毎年出展した。1869年に出展したゲルマン人の女祭司、ウェレダを描いた作品が代表作である。

1855年にフォンテーヌブロー宮殿の再建のためにエクトール・ルフュエル(Hector Lefuel)によって建設された劇場(「ナポレオン3世の劇場」)の天井画を描いた。1867年のパリ万国博覧会のパヴィリオン(imperial pavilion)の装飾も行った。[1]

1870年にレジオンドヌール勲章(シュバリエ)を受勲した。[1]

作品編集

参考文献編集

  1. ^ a b c Voillemot, André Charles Benezit Dictionary of Artists ISBN 9780199773787