アンリ・モレ(Henry Moret 、1856年12月12日 - 1913年5月5日)は、フランスの風景画家である。ブルターニュポン=タヴァンなどで活動した「ポン=タヴァン派」の画家の一人で、ブルターニュの海岸の風景を鮮やかな色使いで描いた[1][2]

アンリ・モレ
Henry Moret
Moret henry.jpg
生誕1856年12月12日
フランスの旗 フランス,シェルブール=オクトヴィル
死没1913年5月5日
フランスの旗 フランス,パリ
運動・動向ポン=タヴァン派

略歴編集

マンシュ県シェルブール=オクトヴィルにルイーズ・モレという女性の私生児として生まれた。1875年に軍隊に入るまでの経歴は殆ど知られていない。ブルターニュのロリアンに勤務していた時、軍の上官がモレの才能を見出し、ブルターニュに住む海洋画家のコロリエ(Ernest Corroller)に紹介し、コロリエから風景画を学んだ。1876年にパリのエコール・デ・ボザールに入学することができ、ジャン=レオン・ジェロームアンリ・ラマンに学んだ。私立の美術学校、アカデミー・ジュリアンでもジャン=ポール・ローランスのもとで学んだ[3][4][5]

1880年にサロン・ド・パリに初めて出展した。しばしばブルターニュのコロリエのもとを訪れていたが1888年にポン=タヴァンを訪れ、「ポン=タヴァン派」の画家、エルネスト・ド・シャマイヤールエミール・ジュールダンに共鳴した。「ポン=タヴァン派」はポール・ゴーギャンが指導的な役割を果たしていた。モレは「ポン=タヴァン派」の新しい拠点となった、ポン=タヴァン近傍の港町、ル・プリュドゥ(Le Pouldu)に住んで活動した最初の画家の一人となった。

1891年にゴーギャンがタヒチに旅だった後、モレの絵画も独自のスタイルに変化していった。画商、ポール・デュラン=リュエルに認められてパリやロンドン、ニューヨークで展覧会を開き、顧客のために多くの作品を描いた。

作品編集

脚注編集

参考文献編集

  • Cariou, André, Henry Moret : un paysagiste de l'École de Pont-Aven : [exposition], Quimper, Musée des beaux-arts, 27 juin-19 octobre 1998 (catalogue), 1998, ISBN 290673926X
  • Rolland, Jean-Yves; Baranger, Marie-Bénédicte: Henry Moret, 1856-1913, Éd. Palantines (Plomelin), 2002. ISBN 2911434269.