メインメニューを開く

アーサー・ホプキンス

人物・来歴編集

1878年10月4日、オハイオ州クリーブランドに生まれる。

1918年10月3日、レフ・トルストイの戯曲『生ける屍』を英語で初演する[1]。タイトルはRedemption(「贖罪」の意)で、これを元に、1930年、フレッド・ニブロを監督に起用し、映画『生ける屍』をプロデュースしている。

エルマー・ライスユージン・オニールらともに、アメリカの表現主義演劇を推進した。

1927年9月1日、オリジナルの戯曲『バーレスク』をブロードウェイで初演する[2]。同作を原作として、ミッチェル・ライゼンが監督して『踊る人生』(1929年)、『スイング』(1937年)の2回にわたり映画化し、ウォルター・ラングが監督し、1948年、When My Baby Smiles at Meのタイトルで3度目の映画化をしている。

1950年3月22日、ニューヨーク州ニューヨーク市で死去した。満71歳没。

おもなフィルモグラフィ編集

おもなテアトログラフィ編集

編集

外部リンク編集