メインメニューを開く

アードゥルナルセペルシア語: آذرنرسه‎)は、サーサーン朝の第9代君主(在位:309年)。ホルミズド2世の息子。父の死後に数か月間統治したが、殺害された。殺害の理由について、貴族とゾロアスター教の聖職者が権力奪取をもくろんだため、アードゥルナルセを殺害、その弟1人を盲目にして、別の弟に逃亡を強いたという説がある[1]。別の説では暴君だったため殺害されたという[2]。後継者はアードゥルナルセが殺害された時点でまだ生まれていない弟シャープール2世だった[2]

アードゥルナルセ
ペルシア君主
在位 309年

出生 不明
死去 309年
王家 サーサーン朝
父親 ホルミズド2世
母親 イフラ・ホルミズド
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ Pourshariati 2008, pp. 56.
  2. ^ a b Tafazzoli 1983, pp. 477.

参考文献編集

  • Pourshariati, Parvaneh (2008). Decline and Fall of the Sasanian Empire: The Sasanian-Parthian Confederacy and the Arab Conquest of Iran. London and New York: I.B. Tauris. ISBN 978-1-84511-645-3.
  • Shapur Shahbazi, A. (2005). "SASANIAN DYNASTY". Encyclopaedia Iranica, Online Edition. Retrieved 30 March 2014.
  • Tafazzoli, Ahmad (1983). "ĀDUR NARSEH". Encyclopaedia Iranica, Vol. I, Fasc. 5. p. 477.
アードゥルナルセ


309年

先代:
ホルミズド2世
サーサーン朝の君主
309年
次代:
シャープール2世