アール・ハインドマン

アール・ハインドマンEarl Hindman, 1942年10月3日 - 2003年12月29日)は、アメリカ合衆国俳優声優である。

アール・ハインドマン
Earl Hindman
本名 Earl John Hindman
生年月日 (1942-10-03) 1942年10月3日
没年月日 (2003-12-29) 2003年12月29日(61歳没)
出生地 アリゾナ州
死没地 コネチカット州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
声優
活動期間 1967年 - 2003年
テンプレートを表示

来歴編集

1942年アリゾナ州・ビスビー生まれ。アリゾナ大学で演劇を専攻し[1]1967年に映画『Teenage Mother』でプロデビュー。その後もコンスタントにテレビや映画への出演を重ね、1974年に出演した地下鉄アクション『サブウェイ・パニック』の犯人グループの一味という役柄でも知られている。同作品では役名はなく、色で呼び合う設定でハインドマンはブラウン(茶色)役を演じた。

また、1975年からは、テレビドラマシリーズ『Ryan's Hope』へのレギュラーキャストとして出演し始め、1989年までに459エピソード出演した。それ以外にもティム・アレン出演のシットコム『Home Improvement』への出演でも知られている。1987年には、スティーヴ・グッテンバーグトム・セレックテッド・ダンソンら主演のコメディ映画スリーメン&ベビー』へも出演した。2002年には、アメリカ国内のディズニーランド内にある蒸気機関車アトラクション、ディズニーランド鉄道でナレーションも務めた。

死去編集

2003年肺がんのため、コネチカット州・スタンフォードで死去[1]。61歳だった。

出演作品編集

映画編集

  • Teenage Mother (1967)
  • The Kiss of Her Flesh (1968)
  • The Ultimate Degenerate (1969)
  • 娼婦殺人事件/鮮血の白い肌 Who Killed Mary Whats'ername? (1971)
  • パララックス・ビュー The Parallax View (1974)
  • Shoot It Black, Shoot It Blue (1974)
  • サブウェイ・パニック Subway Panic (1974)
  • Greased Lightning (1977)
  • ブリンクス The Brink's Job (1977)
  • タップス Taps (1981)
  • Murder in Coweta County (1983)
  • シルバラード Silverado (1985)
  • 新・刑事コジャック/ 虚栄の絆 Kojak: The Price of Justice (1987)
  • スリーメン&ベビー Three Men and a Baby (1987)
  • トーク・レディオ Talk Radio (1988)
  • Kojak: It's Always Something (1990)
  • 悲しき酒場のバラード The Ballad of the Sad Cafe (1991)
  • 熱い夜に抱かれて Fires Within (1991)
  • Final (2001)
  • Tim Allen Presents: A User's Guide to 'Home Improvement (2003)

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

  • ヘラクレス Hercules (1998)

脚注編集

  1. ^ a b Earl Hindman Biography”. 2016年3月17日閲覧。

外部リンク編集