イェルネイ・コピタル

イェルネイ・コピタル(Jernej Kopitar, 1780年8月21日 - 1844年8月11日)は、スロベニア文献学者言語学者[1]

イェルネイ・コピタルの墓石

経歴編集

オーストリア帝国ヴォディツェ郊外の村で生まれた。リュブリャナのギムナジウムに通い、その後ウィーンに赴き法学を学んだ[2]

貴族のジグムント・ゾイス家の家庭教師になる。それからゾイスの秘書や司書になった。このころにアントン・トマシゥ・リンハルトヴァレンティン・ヴォドニックらと親好を結んだ[2]。オーストリア帝国のウィーン宮廷図書館に勤め、その後、館長に就任した。また、スラブ語や近代ギリシャ語書籍の国家検閲官になった[2]

スロベニア語最古の文献とされるフライジンク写本の研究書やスロベニア語の体系的文法書を刊行した。1813年、ウィーンでヴーク・カラジッチと出会い、セルビア語改革の助言を与え、支援した[2]

1817年にリュブリャナにある学校で教員になる。それからスロベニア語の正書法改革に関わった[2]

ウィーンで死去した。

著作編集

  • Grammatik der slavischen Sprache in Krain, Kärnten und Steyermark

脚注編集

外部リンク編集