イグナウィバクテリウム門

イグナウィバクテリウム門Ignavibacteriae)は、2013年に提唱された細菌の門である。

イグナウィバクテリウム門
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: イグナウィバクテリウム門
Ignavibacteriae
学名
"Ignavibacteriae"
Podosokorskaya et al. 2013

イグナウィバクテリウム綱

  • イグナウィバクテリウム目
    • イグナウィバクテリウム科
    • メリオリバクテル科

タイプであるイグナウィバクテリウム綱は元々クロロビウム門の1綱として記載されていたもので[1]、2013年にメリオリバクテル・ロセウス(Melioribacter roseus)が記載された機会に分割された[2]。2018年7月現在、Ignavibacterium albumMelioribacter roseusの1綱1目2科2属2種より構成される。一方で、クロロビウム門のままにすべきとする意見もある[3]。LPSNはクロロビウム門[4]、NCBIの分類ではイグナウィバクテリウム門となっている[5]。いずれにせよ、バクテロイデス門やクロロビウム門に近いことは間違いなく、FCB群に入ると考えられている[5]

クロロビウム門の主要グループである緑色硫黄細菌との違いは、遺伝的、細胞構造的にクロロソームを欠き光合成する能力を欠くこと、通性好気性であること、運動性があること、偏性従属栄養性であることなどが挙げられている[2]。炭水化物を発酵または多様な物質(酸素、亜硝酸、鉄、ヒ素化合物など)を最終電子受容体として代謝して生育する。

脚注編集

  1. ^ Iino, T., et al. (2010). “Ignavibacterium album gen. nov., sp. nov., a moderately thermophilic anaerobic bacterium isolated from microbial mats at a terrestrial hot spring and proposal of Ignavibacteria classis nov. for a novel lineage at the periphery of the green sulfur bacteria”. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 60 (6): 1376-1382. doi:10.1099/ijs.0.012484-0. 
  2. ^ a b Podosokorskaya, O. A., et al. (2013). “Characterization of Melioribacter roseus gen. nov., sp. nov., a novel facultatively anaerobic thermophilic cellulolytic bacterium from the class Ignavibacteria, and a proposal of a novel bacterial phylum Ignavibacteriae.”. Environ. Microbiol. 15 (6): 1759-1771. doi:10.1111/1462-2920.12067. PMID 23297868. 
  3. ^ Anuj Camanocha, Floyd E. Dewhirst (2014). “Host-associated bacterial taxa from Chlorobi, Chloroflexi, GN02, Synergistetes, SR1, TM7, and WPS-2 Phyla/candidate divisions”. J. Oral. Microbiol. 6. doi:10.3402/jom.v6.25468. PMID 25317252. 
  4. ^ LPSN. Chlorobi”. 2018年8月19日閲覧。
  5. ^ a b NCBI. NCBI Taxonomy Browser”. 2018年8月19日閲覧。