イザベル・ド・ヴァロワ (ブルボン公妃)

イザベル・ド・ヴァロワ(フランス語:Isabelle de Valois, 1313年 - 1383年7月26日)は、ヴァロワ伯シャルルとその3番目の妃マオー・ド・シャティヨンの娘で[1]ブルボン公ピエール1世の妃[2]

イザベル・ド・ヴァロワ
Isabelle de Valois
Isabella of Valois (1313-1388).jpg

出生 1313年
死去 1383年7月26日
Bannière de France style 1500.svg フランス王国パリ
埋葬 Bannière de France style 1500.svg フランス王国パリ
配偶者 ブルボン公ピエール1世
子女 一覧参照
家名 ヴァロワ家
父親 ヴァロワ伯シャルル
母親 マオー・ド・シャティヨン
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示
後年のイザベル・ド・ヴァロワ

生涯編集

1336年1月25日、イザベルはブルボン公ピエール1世と結婚した[1]。ピエール1世とイザベルとの間には唯一の息子ルイ2世と7人の娘が生まれた。夫ピエール1世は1356年ポワティエの戦いで戦死したが[3]、イザベルはその後再婚はしなかった。ピエール1世の死後、息子ルイ2世がブルボン公位を継承した。

イザベルは騎士でトゥリー=シュール=アブロン領主、王の顧問官で侍従およびサン=ピエール=ル=ムイエのバイイ(代官)であったジャン・ソルニエを自らの執事としていた[4]

夫の死後、イザベルは修道院に入り、1383年7月26日に死去した。

子女編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Joni M. Hand, Women, Manuscripts and Identity in Northern Europe, 1350-1550, (Ashgate Publishing, 2013), p. 217.
  2. ^ a b c Jean de Venette, The Chronicle of Jean de Venette, translator Jean Birdsall, editor Richard A. Newhall, (Columbia University Press, 1953), p. 312.
  3. ^ David Nicolle, Poitiers 1356: The Capture of a King, (Osprey, 2004), p. 24.
  4. ^ Abbé Jacques-François Baudiau, Le Morvand, Nevers, 1865, 3e éd. Guénégaud, Paris, 1965, 3 vol., t.II, p. 152.