イシュワリー・ラージャ・ラクシュミー・デビー

イシュワリー・ラージャ・ラクシュミー・デビー(Ishwari Rajya Lakshmi Devi, 1907年9月 - 1983年6月27日)は、ネパール王国の第8代君主トリブバン・ビール・ビクラム・シャハの王妃。

イシュワリー・ラージャ・ラクシュミー・デビー
Ishwari Rajya Lakshmi Devi
ネパール王妃

出生 1907年9月
Flag of Nepal (1743–1962).svg ネパール王国 シータープル
死去 1983年6月27日
Flag of Nepal (1743–1962).svg ネパール王国 カトマンズナラヤンヒティ宮殿
配偶者 トリブルバン・ビール・ビクラム・シャハ
子女 バスンダラ・ビール・ビクラム・シャハ
ほか
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1907年6月27日インドシータープルで誕生した[1]。 彼女はパンジャーブラージプートの家系である[2]

1919年3月、ネパール王トリブバン・ビール・ビクラム・シャハカトマンズナラヤンヒティ宮殿で結婚した[1]。婚姻に際し、姉のカンティ・ラージャ・ラクシュミー・デビーとともに王国の首相チャンドラ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナの養女となった[2]

1983年6月27日、ナラヤンヒティ宮殿で死亡した[1]

出典・脚注編集

  1. ^ a b c Nepal 10
  2. ^ a b 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.576

関連項目編集