イッフェルドルフ

紋章 地図
(郡の位置)
DEU Iffeldorf COA 3.svg Locator map WM in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーバイエルン行政管区
郡: ヴァイルハイム=ショーンガウ郡
市町村連合体: ゼースハウプト行政共同体
緯度経度: 北緯47度46分19秒 東経11度19分09秒 / 北緯47.77194度 東経11.31917度 / 47.77194; 11.31917座標: 北緯47度46分19秒 東経11度19分09秒 / 北緯47.77194度 東経11.31917度 / 47.77194; 11.31917
標高: 海抜 603 m
面積: 27.59 km2
人口:

2,723人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 99 人/km2
郵便番号: 82393
市外局番: 08856, 08801
ナンバープレート: WM, SOG
自治体コード:

09 1 90 132

行政庁舎の住所: Weiheimer Str. 1 - 3
82402 Seeshaupt
ウェブサイト: www.iffeldorf.de
首長: ハンス・ラング (Hans Lang)
郡内の位置
Iffeldorf in WM.svg
地図

イッフェルドルフ (ドイツ語: Iffeldorf) はドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーバイエルン行政管区ヴァイルハイム=ショーンガウ郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と既述する)。この町はゼースハウプト行政共同体を形成する自治体の一つである。

地理編集

イッフェルドルフはオーバーラント地方に位置する。ミュンヘンから50km離れたアルプス前山地方にあたり、シュタルンベルク湖南岸からも遠くない。

自治体の構成編集

この町は、公式には 13の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • イッフェルドルフ
  • ザーニモーア
  • ウンターロイラハ

アマイゼン湖から南のオスター湖群南部が町域内に属す。

歴史編集

イッフェルドルフは1803年世俗化までヴェッソブルン修道院に属した。この町はバイエルン選帝侯領の一部であり、イッフェルドルフを首邑とする閉鎖ホーフマルクを形成していた。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令により現在の自治体が成立した。

人口推移編集

  • 1970年 1,628人
  • 1987年 1,942人
  • 2000年 2,459人

行政編集

先代の町長アルベルト・シュトラウスは40年以上にわたりこの職を務めた後退任した。次の町長であるフーベルト・クロイス (CSU) は2008年から市長に就任した。2020年の選挙にはクロイスは立候補せず、ハンス・ラング (SPD) が約3/4の票を獲得して当選した[3]

見所編集

 
聖フィトゥス教区教会
  • オスター湖自然保護区
  • 聖フィトゥス教区教会
  • ホイヴィンクル礼拝堂

経済と社会資本編集

交通編集

この町は、トゥッツィングからコッヒェル・アム・ゼーへのコッヒェルゼー鉄道(イッフェルドルフ駅)およびミュンヘンからガルミッシュ=パルテンキルヒェンへの連邦アウトバーンA95号線(ペンツベルク/イッフェルドルフ・インターチェンジ)に面している。

教育編集

引用編集

外部リンク編集