イプティーメー

ウィキペディアの曖昧さ回避ページ

イプティーメー古希: Ἰφθίμη, Iphthīmē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してイプティメとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

イーカリオスの娘編集

このイプティーメーは、イーカリオスとペリボイアの娘で、トアース、ダマシッポス、イメウシオス、アレーテース、ペリレオース、ペーネロペーと兄弟[1]ペライの王エウメーロスと結婚し[2]、おそらくゼウクシッポスの母となった。ホメーロス叙事詩オデュッセイアー』によると、女神アテーナーは思い悩んで眠るペーネロペーを慰めるためにイプティーメーに似せた幻を作り、ペーネロペーの夢枕に立たせた[3]。しかしペーネロペーの妹はメデーとも[4]ヒュプシピュレーであるとも言われた[5]

ドーロスの娘編集

このイプティーメーは、ドーロスの娘。ヘルメースとの間にサテュロスリュコス、ペレスポンドス、プロノモスを生んだ[6]

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、3巻10・6。
  2. ^ 『オデュッセイアー』4巻796行-799行。
  3. ^ 『オデュッセイアー』4巻794行-841行。
  4. ^ サモスのアシオス断片(『オデュッセイアー』4巻797行への古註)。
  5. ^ アンドローン断片(『オデュッセイアー』4巻797行への古註)。
  6. ^ ノンノス、14巻114行。

参考文献編集