岡 道男(おか みちお、1931年1月4日[2][3] - 2000年3月3日[3])は、日本の西洋古典文学者。京都大学名誉教授。

岡 道男
人物情報
生誕 1931年1月4日
大阪府大阪市
死没 (2000-03-03) 2000年3月3日(69歳没)
学問
研究分野 西洋古典学
指導教員 松平千秋[1]
主な指導学生 中務哲郎
学位 文学博士
テンプレートを表示

大阪市生まれ。終戦を満州国鞍山市で迎え、京都大学文学部独文学科を卒業後、西洋古典学を専攻し、京大大学院(松平千秋)、テュービンゲン大学ウォルフガング・シャーデヴァルト英語版)、マインツ大学(ヴァルター・マルク)に学ぶ[4]1965年-1966年および1988年-1989年マインツ大学西洋古典学科客員教授。1998年5月から没するまで日本西洋古典学会委員長(第6代)。

1977年「ホメロスと叙事詩の環」で文学博士(京大)。1969年京大文学部助教授、1979年教授、1994年定年退官後は姫路獨協大学教授となり、図書館長にも就いていたが在職中の2000年に没した。弟子に中務哲郎らがいる。

略歴編集

注記のない出典は(略年譜)による。

著作編集

単著
共編著
  • 『新ドイツ語の基礎』松本仁助共著、三修社、1967年。
  • 『ギリシア文学を学ぶ人のために』松本仁助・中務哲郎共著、世界思想社、1991年。
  • 『ラテン文学を学ぶ人のために』松本仁助・中務哲郎共著、世界思想社、1992年。
  • 『第二章 ソポクレースについて』岩波書店〈ギリシア悲劇全集 別巻〉、1992年。

翻訳編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 沓掛良彦「岡道男先生を偲んで」『西洋古典論集 別冊(岡道男先生追悼文集)』、京都大学西洋古典研究会、2001年、 87-89頁。
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年
  3. ^ a b 略年譜.
  4. ^ 中務, p. 215.
  5. ^ 日本西洋古典学会役員”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。

参考文献編集

  • 『京大文学部の50年』
  • 『岡道男先生追悼文集』 - 京都大学学術情報リポジトリ
  • 岡道男先生略年譜」『西洋古典論集』別冊、京都大学西洋古典研究会、2001年1月、 1-2頁、 ISSN 0289-7113NAID 1200010020752021年10月1日閲覧。
  • 中務哲郎「岡道男先生の逝去を悼む」『西洋古典学研究』第49巻、日本西洋古典学会、2001年、 215-216a、 doi:10.20578/jclst.49.0_215ISSN 0447-9114NAID 1100073830732021年10月29日閲覧。
  • 岡道男先生著作目録」『西洋古典論集』別冊、京都大学西洋古典研究会、2001年1月、 3-10頁、 ISSN 0289-7113NAID 1200010020742021年10月29日閲覧。

外部リンク編集