メインメニューを開く

岡 道男(おか みちお、1931年1月4日[2][3]- 2000年3月3日[3])は、日本の西洋古典文学者

岡 道男
人物情報
生誕 1931年1月4日
大阪府大阪市
死没 (2000-03-03) 2000年3月3日(69歳没)
学問
研究分野 西洋古典学
指導教員 松平千秋[1]
主な指導学生 中務哲郎
学位 文学博士
テンプレートを表示

大阪市生まれ。京都大学文学部西洋古典学科卒業。松平千秋に学ぶ。1965年-1966年及び1988年-1989年マインツ大学西洋古典学科客員教授。1998年5月から没するまで日本西洋古典学会委員長(第6代)。

1977年「ホメロスと叙事詩の環」で文学博士(京都大)。1969年京大文学部助教授、1979年教授、1994年定年退官後は姫路獨協大学教授となり、図書館長にも就いていたが在職中の2000年に没した。弟子に中務哲郎らがいる。

目次

略歴編集

著作編集

単著
共編著
  • 『新ドイツ語の基礎』松本仁助共著 三修社 1967

翻訳編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 沓掛良彦「岡道男先生を偲んで」、『西洋古典論集 別冊 (岡道男先生追悼文集)』、京都大学西洋古典研究会、2001年、 87-89頁。
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年
  3. ^ a b c d e f g h i j 岡道男先生略年譜」、『西洋古典論集 別冊 (岡道男先生追悼文集)』、京都大学西洋古典研究会、2001年、 1-2頁。
  4. ^ 日本西洋古典学会役員”. 日本西洋古典学会. 2018年10月9日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集

  • 柳沼重剛 (2001年1月31日). “岡君の思い出 (PDF)”. 西洋古典論集. 京都大学西洋古典研究会. 2018年1月14日閲覧。 - 京都大学学術情報リポジトリ
  • 清水茂 (2001年1月31日). “岡道男教授追悼 (PDF)”. 西洋古典論集. 京都大学西洋古典研究会. 2018年1月14日閲覧。 - 京都大学学術情報リポジトリ