イミニウム(Iminium)は、有機化学において、の一般構造[R1R2C=NR3R4]+を取る塩や陽イオンである。これ自体がプロトン化または置換基の結合したイミンである[1]ベックマン転位ビルスマイヤー・ハック反応スチーブン合成ダフ反応等の様々な有機反応の中間体である。イモニウム(imonium)またはインモニウム(immonium)と呼ぶ場合もあるが、推奨されない。

イミニウムイオンの一般構造

イミニウムを経由する反応編集

イミニウムイオン編集

イミニウムイオンは、通常R2C=N+構造を持つ。ニトレニウムイオンの中の小分類である[2]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "iminium compounds".
  2. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "iminylium ions".