イラン北西部ルードバール地震

イラン北西部ルードバール地震(イランほくせいぶルードバールじしん、ペルシア語: زمین‌لرزه‌های آذربایجان زمین‌لرزه ۱۳۶۹ رودبار و منجیل‎)は、現地時間1990年6月21日0時30分、イラン北西部のギーラーン州で発生したマグニチュード7.4の地震である。

イラン北西部ルードバール地震
倒壊した家屋
イラン北西部ルードバール地震の位置(イラン内)
イラン北西部ルードバール地震
テヘラン
テヘラン
本震
発生日 1990年6月20日 , 1990年6月21日(現地時間)
発生時刻 21時00分14秒 , 00時30分14秒(現地時間)
座標 北緯37度04分 東経49度17分 / 北緯37.07度 東経49.28度 / 37.07; 49.28
震源の深さ 15 [1] km
規模    マグニチュード(M)7.4 [1]
最大震度    メルカリ震度階級X
地震の種類 横ずれ断層
被害
死傷者数 死者35,000–50,000人
負傷者60,000–105,000人
被災者105,000–400,000人 [2]
被害地域 イランの旗 イラン
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

被害編集

首都テヘランの北西部に位置するルードバールとマンジールを中心に大きな被害をもたらし、約4万人が死亡、約30万人が負傷し、約50万人が家を失った。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集