イリーナ・ヘラシチェンコ

イリーナ・ヴォロディミリフナ・ヘラシチェンコウクライナ語: Ірина Володимирівна Геращенкоラテン文字転写の例: Iryna Volodymyrivna Herashchenko、1971年5月15日 - )は、ウクライナ政治家ジャーナリスト[1][2]。ロシア語ではイリーナ・ヴラジーミロヴナ・ゲラシチェンコ: Ирина Владимировна Геращенкоラテン文字転写の例: Irina Vladimirovna Gerashchenko)となる[3]

イリーナ・ヘラシチェンコ
Ірина Володимирівна Геращенко
Iryna Herashchenko September 2016 (29376164683).jpg
イリーナ・ヘラシチェンコ
生年月日 (1971-05-15) 1971年5月15日(51歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 チェルカースィ
出身校 キエフ大学ジャーナリズム学部
キエフ大学法学部
前職 ジャーナリスト
所属政党 欧州連帯党
称号 Order of Princess Olha 3rd Class of Ukraine.png 聖オリガ公妃勲章三等
Sign-Journalist-Ukraine.png オナード・ジャーナリスト・オブ・ウクライナ
テンプレートを表示

ウクライナ最高会議の初代副議長(任期: 2016年4月14日 - 2019年8月29日)[4][5]。2017年に聖オリガ公妃勲章ウクライナ語版英語版三等を受章している[6]

経歴編集

1971年、ソビエト連邦ウクライナ・ソビエト社会主義共和国チェルカースィ州にある都市チェルカースィに生まれる[7][8]。1988年、I・F・モモット記念チェルカースィ第26番中等学校ウクライナ語版を優秀な成績で卒業する[9]。同年、タラス・シェフチェンコ記念国立キエフ大学のジャーナリズム学部に入学する[9]。1993年、同学部を優秀な成績で卒業し、ジャーナリズムの学位を取得する[9][8]。2011年、ウクライナの外務省に付置された外交アカデミーを卒業する[9]。2012年、キエフ大学の法学部を通信教育により卒業する[9]

1993年から1995年まで、テレビチャンネル、UTキエフ(ウクライナ語: УТ Київ)で放送される子どもや青年向け番組の編集者を務める[4]。1995年から1997年まで、テレビ番組制作会社 Юність青年向け番組の編集者を務める[4]。1997年から1998年まで、テレビスタジオ Відродженняにおいてテレビチャンネル、UTで放送される青年向け番組の編集長を務める[4]。1998年から2000年まで、ウクライナ・インディペンデント・テレビ・コーポレーション(ウクライナ語: Українська незалежна ТБ-корпорація)によって設置されたテレビチャンネル、インテルウクライナ語版英語版の特派員を務める[4][5]。2000年から2001年まで、インテルのコメンテーターを務める[4][5]。2001年には、テレビ番組 Особливі прикметиの制作に携わっている[4]

2005年から2006年まで、ウクライナの当時の大統領ヴィクトル・ユシチェンコの報道官を務める[4][5]。2006年から2007年まで、ウクライナ独立通信社の社長を務める[4][5]。2007年、第6期召集ウクライナ最高会議ロシア語版英語版人民代議員ウクライナ語版英語版我らのウクライナ・人民防衛ブロックウクライナ語版英語版から選出され、2012年まで同職を務める[4][5]。2012年、第7期召集最高会議ウクライナ語版英語版で人民代議員にウクライナ民主改革連合から選出され、2014年まで同職を務める[4][5]

2014年、第8期召集最高会議ウクライナ語版英語版で人民代議員にペトロ・ポロシェンコ・ブロックから選出され、2019年まで同職を務める[4][5]。2014年6月17日、ウクライナの当時の大統領ペトロ・ポロシェンコの命令により、ドネツィク・ルハンシク両州平和的情勢解決問題大統領全権代表となる[5]。2016年4月14日から2019年8月29日まで、最高会議の初代副議長を務める[4][5]。2019年8月29日、第9期召集最高会議ウクライナ語版英語版で人民代議員に欧州連帯党から選出され、以降同職を務めている[4]

受賞編集

評価編集

ウクライナの雑誌『フォーカスウクライナ語版英語版』による同国で最も影響力のある女性トップ100のランキングにおけるヘラシチェンコの順位は、次のとおりである。

  • 2007年 - 14位[7]
  • 2013年 - 24位[10]
  • 2014年 - 10位[11]
  • 2015年 - 11位[12]
  • 2016年 - 2位[13]
  • 2017年 - 3位[14]
  • 2020年 - 11位[15]
  • 2021年 - 8位[16]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b MS. IRYNA HERASHCHENKO”. Ukrainian Women’s Congress. 2022年1月16日閲覧。
  2. ^ “ヘラシチェンコTCG人道問題作業部会ウクライナ代表、サイディックOSCE特別代表の「和平計画案」を批判”. ウクルインフォルム. (2019年1月30日). https://www.ukrinform.jp/rubric-polytics/2630297-herashichenko-ren-dao-wen-ti-zuo-ye-bu-huiukuraina-dai-biaosaidikku-te-bie-dai-biaono-he-ping-ji-hua-anwo-pi-pan.html 2022年1月16日閲覧。 
  3. ^ “Постановление Правительства Российской Федерации от 1 ноября 2018 года № 1300 "О мерах по реализации Указа Президента Российской Федерации от 22 октября 2018 г. № 592"”. Российская газета. (2018年11月1日). https://rg.ru/2018/11/01/pravitelstvo-post1300-site-dok.html 2022年1月16日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n Геращенко Ірина Володимирівна”. Слово і Діло. 2022年1月16日閲覧。
    Геращенко Ирина Владимировна”. Слово і Діло. 2022年1月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j Геращенко Ірина Володимирівна”. キエフ大学 (2019年7月28日). 2022年1月16日閲覧。
  6. ^ a b Про відзначення державними нагородами України з нагоди Дня Соборності України”. ヴェルホーヴナ・ラーダ (2017年). 2022年1月16日閲覧。
  7. ^ a b “ИРИНА ГЕРАЩЕНКО”. ウクルインフォルム. https://www.ukrinform.ru/authors/irina_gerasenko.html 2022年1月16日閲覧。 
  8. ^ a b “Биография Ирины Геращенко”. РИА Новости. (2014年6月17日). https://ria.ru/20140617/1012345154.html 2022年1月16日閲覧。 
  9. ^ a b c d e “Геращенко Ірина Володимирівна”. LB.ua. (2019年10月1日). https://lb.ua/file/person/982_gerashchenko_irina_volodimirivna.html 2022年1月16日閲覧。 
    “Геращенко Ирина Владимировна”. LB.ua. (2019年10月1日). https://rus.lb.ua/file/person/982_gerashchenko_irina_vladimirovna.html 2022年1月16日閲覧。 
  10. ^ 100 самых влиятельных женщин Украины 2013 года”. フォーカス (2013年11月28日). 2022年1月16日閲覧。
  11. ^ 100 самых влиятельных женщин Украины 2014 года”. フォーカス (2014年11月18日). 2022年1月16日閲覧。
  12. ^ 100 самых влиятельных женщин Украины. Полный список”. フォーカス (2015年11月9日). 2022年1月16日閲覧。
  13. ^ 100 самых влиятельных женщин Украины. Полный список”. フォーカス (2016年11月4日). 2022年1月16日閲覧。
  14. ^ Королевы успеха. 100 самых влиятельных женщин Украины”. フォーカス (2017年11月2日). 2022年1月16日閲覧。
  15. ^ 100 САМЫХ ВЛИЯТЕЛЬНЫХ ЖЕНЩИН УКРАИНЫ ПО ВЕРСИИ ЖУРНАЛА ФОКУС”. フォーカス (2020年10月18日). 2022年1月16日閲覧。
  16. ^ Галина Ковальчук (2021年6月25日). “В рейтингу Фокуса "ТОП-100 впливових жінок" — більше половини нових імен”. フォーカス. 2022年1月16日閲覧。

外部リンク編集